近刊検索 デルタ

2021年4月21日発売

ミネルヴァ書房

インターネットというリアル

インターネットの技術と文化の変容
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
本書は、音響カプラに始まりSNS全盛期に至るまでのインターネットについて、ポストモダンをキーワードに解説する。インターネットが現実と隔てられた仮想空間 から、現実と融合したリアルへと変わることで、人、技術、社会、そして文化にどのような変化を促してきたのか、この先どこへ向かおうとしているのかを描き出す。社会が技術へ、技術が社会へと影響を還流させ、それが大きな革新へと達するプロセスを、サブカルチャーに注目しつつ検証する。
目次
はじめに

第1章 インターネットでいま何が起こっているのか
 1 フェイクニュースで喰う人々
 2 トランプを生んだポストトゥルース
 3 加速する社会の非寛容化

第2章 インターネットの登場
 1 すべてを自由に、無償に、平等に
 2 営利企業とインターネットコミュニティの対立
 3 自由と独立を勝ち取ったかに見えた集合知
 4 インターネットの公平性について

第3章 ポストモダン
 1 サブカルチャーに映し出された社会構造
 2 揺らぐ世界と物語
 3 ポストモダンと世界観
 4 インターネットは社会の増幅器にすぎない
 5 勝ち取った自由と、負わない責任

第4章 インターネットが社会に返す影響
 1 スモールワールド
 2 どうしてSNSは炎上するのか
 3 人間関係のマイクロセル化は止まらない

第5章 新しいインターネットの構造と小さな信仰
 1 意思決定の放棄
 2 コンテンツツーリズムと小さな信仰
 3 新しいインターネットの構造と社会との共犯関係

[コラム]
  二次元キャラクタをめぐる状況について
  萌えの構造
  二次元キャラクタとの婚姻
  パーソナライズされた異性
  二次元キャラクタの越境性

おわりに
参考文献
初出一覧
索  引
著者略歴
岡嶋 裕史(オカジマ ユウシ okajima yuushi)
2021年5月現在 中央大学国際情報学部教授
タイトルヨミ
カナ:インターネットトイウリアル
ローマ字:intaanettotoiuriaru

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

ミネルヴァ書房の既刊から
藤井崇/著
宮寺晃夫/著 西之園晴夫/著
もうすぐ発売(1週間以内)
美術出版社:藤井フミヤ 
日経BP 日本経済新聞出版本部:湯進 
実業之日本社:堂場瞬一 
星海社:小川隆行 一瀬恵菜 鴨井喜徳 久保木正則 後藤豊 所誠 ほか
エール出版社:鳩山文雄 
中央公論新社:原田泰 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。