近刊検索 デルタ

2021年6月11日発売

ミネルヴァ書房

社会政策 第13巻第1号(通巻第38号)

【特集】仕事の世界における権力関係とハラスメント
社会政策学会誌
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
職場におけるハラスメントをいかに把握し、いかに解決すべきか。今号の特集は昨今広く関心を集めるこの問題について、世界的な動向と日本の実情の双方に目配せしつつ、総合的な視座を提供する。続く小特集では、加賀ワークチャレンジ事業を事例に、小規模自治体の雇用政策の実態に迫る。加えて、意欲的な研究論文4本を収録。
目次
巻頭言「老後生活の6つの不安:生活運用と自己決定支援を中心に」(室住眞麻子)

【特集】仕事の世界における権力関係とハラスメント
座長報告:仕事の世界における権力関係とハラスメント:ILO190号条約の策定過程に着目する総論(大沢真理)
セクシュアルハラスメントの理論的展開:4つの害アプローチ(Four-harms Approach)(申琪榮)
パワーハラスメントを生み出す組織風土(野村正實)
パワハラ防止法の動向と課題:ILOハラスメント撤廃条約と対比して(新村響子)

【小特集】加賀ワークチャレンジ事業(加賀WCP)の政策過程とその成果:地方部-都市部連携による就労支援事業のコンテクストとガバナンスの分析
小特集に寄せて(長松奈美江)
加賀ワークチャレンジ事業(加賀WCP)の概要と分析枠組み(筒井美紀)
地方創生事業による地域雇用政策の発展可能性:石川県加賀市における加賀ワークチャレンジ事業を事例として(神﨑淳子)
大阪府の就労支援事業によって萌芽した資源の帰結点:女性起業家による活動の軌跡(仲 修平)

【投稿論文】
介護保険制度における競争原理とサービス供給組織の適応(須田木綿子)
スキル・ミスマッチが賃金、労働意欲、仕事満足に与える影響(平尾智隆)
若者の大人への移行と社会保障:就業と離家・家族形成をめぐる日英比較(乾 彰夫・樋口明彦・佐野正彦・平塚眞樹・堀 健志・三浦芳恵・Andy Biggart)
戦間期イギリス港湾産業における産業別全国交渉・協約をめぐる労使対抗(栗原耕平)

【書評】
芝田英昭著「医療保険「一部負担」の根拠を追う 厚生労働白書では何が語られたのか」(佐々木貴雄)
横山純一著『転機にたつフィンランド福祉国家 高齢者福祉の変化と地方財政調整制度の改革』(藪長千乃)
田中恒行著『日経連の賃金政策:定期昇給の系譜』(石田光男)

SUMMARY
学会関連資料
著者略歴
社会政策学会(シャカイセイサクガッカイ shakaiseisakugakkai)
タイトルヨミ
カナ:シャカイセイサクダイジュウサンカンダイイチゴウツウカンダイサンジュウハチゴウ
ローマ字:shakaiseisakudaijuusankandaiichigoutsuukandaisanjuuhachigou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

ミネルヴァ書房の既刊から
海野道郎/著
三隅一人/編集 高野和良/編集
田端泰子/著
臨床発達心理士認定運営機構/監修 西本絹子/編集 藤崎眞知代/編集
義江明子/著
矢嶋里絵/編集 田中明彦/編集 石田道彦/編集 高田清恵/編集 鈴木靜/編集

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。