近刊検索 デルタ

2022年3月24日発売

ミネルヴァ書房

出版社名ヨミ:ミネルヴァショボウ

コロナ時代の仕事・家族・コミュニティ

兵庫県民の声からみるウィズ/ポストコロナ社会の展望
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
本書は兵庫県の依頼で編者を中心に実施された「新型コロナウイルス流行と暮らしに関する調査」(2020年11?12月実施、2283票回収)に基づく。フィールド調査とアンケート調査から生活の論理を分析し、今後の提言までを論じる。
目次
はしがき

 第Ⅰ部 コロナ時代の社会と意識

第1章 ポストコロナ社会の新たな生活スタイル――識者の論点の整理と枠組みの提示(鳥越皓之)
 1 新型コロナ蔓延中の段階でポストコロナ社会を模索する
 2 基本的な論点
 3 4つの層を重ねて見えてくるもの

   
第2章 コロナ禍後の暮らしと社会の変容――「兵庫県 新型コロナウイルス流行と暮らしに関する調査」報告(轡田竜蔵)
 1 「兵庫県 新型コロナウイルス流行と暮らしに関する調査」
 2 調査結果の報告
 3 新型コロナウイルスの流行は社会を分断するのか


 第Ⅱ部 コロナ時代の仕事・労働・生業

第3章 ビデオチャットと身体性(福永健一)
 1 コロナウイルスがもたらしたビデオチャット社会
 2 フォーマルな公的生活におけるビデオチャット
 3 インフォーマルな公的生活におけるビデオチャット
 4 ビデオチャットの問題と限界
 5 対面しない交流の創出にむけて

第4章 テレワークと日本型労働(谷村 要)
 1 ポストコロナ社会でテレワークは定着するか
 2 テレワーク導入の現状
 3 コロナ禍を契機に導入されたテレワークとその後の反動
 4 テレワークはなぜ定着しなかったか
 5 これからの働き方を選ぶ岐路に私たちは立っている

第5章 観光戦略とまちづくり(李 良姫)
 1 新型コロナウイルス感染症拡大が観光地にもたらした影響
 2 新型コロナウイルス感染症拡大以前の観光地
 3 コロナ禍に立ち向かう観光地の取り組み
 4 ポストコロナ社会の観光とまちづくりにむけて


 第Ⅲ部 コロナ時代の家族・コミュニティ

第6章 子育て支援とコミュニティ(足立重和)
 1 子育て家族に走る衝撃
 2 なぜポストコロナ社会の子育てでコミュニティなのか
 3 「3密」を回避する社会
 4 ウィズコロナ社会における子育てとその支援
 5 ポストコロナ社会における子育てコミュニティの特徴
 6 ポストコロナ時代における新しい地域的つながり

第7章 地域組織と高齢者(山本素世)
 1 新型コロナ禍での自治会活動をめぐる問題
 2 コロナ禍での高齢者支援活動の軌跡
 3 見守りの空白をどう埋めるのか
 4 感染症拡大のなかでの自治会活動と高齢者の生活の質

第8章 祭礼と文化継承(三隅貴史)
 1 祭礼はイベントやエンターテイメントと同じなのか
 2 コロナ社会における祭礼の自粛
 3 コロナ社会における祭礼維持の戦術
 4 祭礼のルーティンを支える世代継承性の論理
 5 ポストコロナ社会における祭礼の再開にむけて

第9章 人権侵害の社会的要因(鳥越皓之)
 1 自由と人権侵害
 2 新型コロナウイルスの感染拡大にともなう人権侵害
 3 自粛警察の登場――規制のシステム
 4 コロナ対策の政策的評価


付録1 兵庫県 新型コロナウイルス流行と暮らしに関する調査調査票
付録2 兵庫県 新型コロナウイルス流行と暮らしに関する調査単純集計表

索引
著者略歴
鳥越 皓之(トリゴエ ヒロユキ torigoe hiroyuki)
2022年3月現在 大手前大学学長・早稲田大学名誉教授
足立 重和(アダチ シゲカズ adachi shigekazu)
2022年3月現在 追手門学院大学社会学部教授
谷村 要(タニムラ カナメ tanimura kaname)
2022年3月現在 大手前大学建築&芸術学部准教授
タイトルヨミ
カナ:コロナジダイノシゴトカゾクコミュニティ
ローマ字:koronajidainoshigotokazokukomyuniti

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

ミネルヴァ書房の既刊から
石井里枝/編集 橋口勝利/編集
松本峰雄/著 遠藤純/著 大野雄子/著 岡崎裕美/著 尾山祥子/著 才郷眞弓/著 鈴木範之/著 ほか
もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:山岸伸 歩りえこ 
一般社団法人高等教育開発研究所:出光直樹 宮本俊一 河村振一郎 
SBクリエイティブ:成田悠輔 
大誠社:嶋伏ろう 梅澤夏子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。