近刊検索 デルタ

2018年8月1日発売

森北出版

生態系生態学(第2版)

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
-エネルギー・物質循環,生物間の相互作用を理解するために-

世界中の研究者・学生に愛読されてきた『Principles of Terrestrial Ecosystem Ecology』(Chapin・Matson・Vitousek,初版2002年,第2版2011年)の翻訳書.

これまでの日本の生態学の主対象であった個体や群集レベルと比べて,より大きな生態系レベルの空間スケールで,生物と環境の間の物質循環や生物間相互作用を詳しく解説する.

植物生理生態学,土壌学,気象学,水文学,地球化学など幅広い基礎事項をおさえ,細分化されていた分野どうしを結び付ける.また,景観生態学,保全生態学,生態系管理学など,環境と社会の橋渡しとなる内容が含まれ,環境行政や社会・経済学分野に対しても示唆に富む内容である.

ますます盛んになる学際的な研究に向けて,必要な知識が一冊にまとめられた必携書.
目次
■第I部 背景
第1章 生態系の概念
第2章 地球の気候システム
第3章 地質,土壌,堆積物
■第II部 メカニズム
第4章 水・エネルギー収支
第5章 生態系への炭素インプット
第6章 植物の炭素収支
第7章 分解と生態系炭素収支
第8章 植物の養分利用
第9章 養分循環
第10章 栄養動態
第11章 生態系プロセスへの種の影響
■第III部 パターン
第12章 時間的動態
第13章 景観の不均一性と生態系動態
■第IV部 統合
第14章 地球システムの変化
第15章 生態系の管理と維持
著者略歴
F. Stuart Chapin III(スチュアート チェイピン)
アラスカ大学フェアバンクス校名誉教授 Ph.D.
Pamela A. Matson(パメラ マトソン)
スタンフォード大学教授 Ph.D.
Peter M. Vitousek(ピーター ヴィトーセク)
スタンフォード大学教授 Ph.D.
加藤 知道(カトウ トモミチ)
北海道大学准教授 博(理)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。