近刊検索 デルタ

2021年7月2日発売

山川出版社

幕末明治旗本困窮記

御書院番士酒依氏の日記
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
幕末動乱の時代に、武蔵国橘樹郡下菅田村に知行地をもつ幕臣の酒依氏は、御書院番士として、飯田橋に移居し、江戸城の警備にあたっていた。
天保の頃までは、世情が騒然とするも、年中行事も執り行われていた。
しかし、ペリー艦隊の来航・上陸や長州藩との戦闘が始まると次第に追い詰められ、知行地の鈴木家に身を寄せるようになり、そして帰農することとなった。
家のものは、遊郭で働きもしたり、困窮を極めた。
本書は、幕末幕臣の史料が少ない中で、偶然にも鈴木家に残された史料をもとに、当時の幕臣の暮らしを興味深く描いたものである。
著者略歴
西川 武臣(ニシカワ タケオミ nishikawa takeomi)
横浜開港資料館館長
タイトルヨミ
カナ:バクマツメイジハタモトコンキュウキ
ローマ字:bakumatsumeijihatamotokonkyuuki

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

山川出版社の既刊から
本保泰良/編集
永井晋/著
西川武臣/著
パトリック・コルベ/著 堀越宏一/編集・翻訳
川島昭夫/著
山田康弘/編集 日本史史料研究会/監修
もうすぐ発売(1週間以内)
医薬経済社:吉成河法吏 安江博 
学研プラス:戸津井康之 
学研プラス:なんばきび 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。