近刊検索 デルタ

2023年12月14日発売

山と溪谷社

出版社名ヨミ:ヤマトケイコクシャ

北極男 増補版 冒険家はじめました

ヤマケイ文庫
ヤマケイ文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「冒険は素晴らしい。そのフィールドとして北極は最高だ!」生きることに空虚さを抱えていた著者が北極で見つけたものとは。生きづらさを抱えている人たちへおくる、幸せに生きるための道しるべ。日本唯一の北極冒険家、荻田泰永のデビュー作。1977年神奈川県生まれの著者は、両親に何不自由なく育ててもらったはずなのに、ある日突然大学を中退して北極冒険を思い立つ。2000年、冒険家・大場満郎の企画で初めての海外旅行で北極に行き700kmの徒歩行を経験。その後、アルバイトで資金をためては毎年のように北極へ向かい、2002年には500km単独徒歩行、2004年に2000km犬ゾリ縦断行、2010年には北磁極に無補給単独到達。2012年には日本人初の北極点無補給単独到達をめざす。年々悪化する海氷状態、まったく前に進めない乱氷帯、極限の飢え、そしてホッキョクグマの恐怖。なぜそこまでして過酷な北極へ通いつめるのか? 生きるとは何か、を探すうちに極地にたどりついた男は、やがて「考える脚」へと変貌を遂げる。その冒険の過程を描いた珠玉の青春記。
目次
■内容
プロローグ<ある取材記者との会話> 旅の準備・北極ってどんなところ? ホッキョクグマほか
1回目 初めての北極~2000年北磁極~
2回目 北極一人旅~2001年レゾリュート~
3回目 単独初挑戦~2002年500km徒歩行~
4回目・5回目 出会い~2003年ケンブリッジベイ~
6回目 犬ゾリ2000kmの旅~2004年グリーンランド~
7回目・8回目 挫折~2006年ケンブリッジベイ・2007年1000km単独徒歩行~
<ある取材者との会話・その2> 冒険家の悩み・働くこととお金の話
9回目・10回目 再起~2008年皆既日食・2010年北磁極単独~
11回目 角幡とフランクリン隊を追う~2011年1600km二人旅~
12回目 無補給単独徒歩による挑戦~2012年北極点~
13回目 北極点を越えて~2014年再びの挑戦を目指して~
《あとがき》
《解説》北極バカ一代 角幡唯介
《文庫解説》イヌイットに与えられた名前は 川内有緒
著者略歴
荻田 泰永(オギタ ヤスナガ ogita yasunaga)
タイトルヨミ
カナ:ホッキョクオトコ ゾウホバン ボウケンカハジメマシタ
ローマ字:hokkyokuotoko zouhoban boukenkahajimemashita

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
ザ・殺人術
人の殺し方を本にしていいのか

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。