近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
中世から現代の学者・思想家の著作を紐解き,当時の文脈や時代背景とともに読解・評価。現代の憲法学・社会への知を獲得する。ヤコブの梯子の寓話になぞらえ,既発表11,書き下ろし3の論文を「梯子を昇る/降りる」の二部構成で編む,長谷部憲法学論集。
目次
第Ⅰ部 梯子を昇る
 第1章 モーゼス・マイモニデスの梯子──哲学と法
 第2章 スピノザ国家論序説──『エチカ』から『神学・政治論』へ
 第3章 マルティン・ルターの現世支配権論
 第4章 「不敗の民兵」神話
 第5章 国の政治のあり方を最終的に決定する力──リチャード・タック『眠れる主権者』について
 第6章 主権は国民に存する
第Ⅱ部 梯子を降りる
 第7章 当事者対抗型刑事司法の形成について
 第8章 国際紛争を解決する手段としての戦争の放棄
 第9章 緊急事態序説──カール・シュミットを手掛かりとして
 第10章 オバマ政権下のテロ対策
 第11章 認定のルールと憲法典の間
 第12章 法の支配とその限界
 第13章 最高裁の役割と制度改革の展望
 第14章 憲法のアイデンティティと機能
著者略歴
長谷部 恭男(ハセベヤスオ hasebeyasuo)
タイトルヨミ
カナ:ケンポウノカイテイ
ローマ字:kenpounokaitei

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

有斐閣の既刊から
春日直樹/編集 竹沢尚一郎/編集
渋谷秀樹/著
盛山和夫/著
愛知靖之/著 前田健/著 金子敏哉/著 青木大也/著
日本EU学会/編集
もうすぐ発売(1週間以内)
産業編集センター:小林みちたか 
美術出版社:藤井フミヤ 
日経BP 日本経済新聞出版本部:湯進 
KADOKAWA:須垣りつ 庭春樹 
エール出版社:鳩山文雄 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。