近刊検索 デルタ

2018年9月26日発売

吉川弘文館

明治期の立憲政治と政党

自由党系の国家構想と党史編纂
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
帝国議会の開設後、対立と妥協を繰り返した藩閥政府と政党は、ついに手を結んだ。その発端となったのが、板垣退助率いる自由党系土佐派であった。彼らは、非議員の板垣を党首に据えながら、いかに政党を運営して国家構想や経済政策を提起し、またどのような歴史観で党史を編纂して自己を位置づけたのか。模索期の立憲政治を政党の視点から考察する。
目次
序章 課題と方法/自由党系土佐派の国家構想と経済政策(板垣退助の天皇・華族観と政党指導の展開/栗原亮一と旧自由党系のアジア貿易計画/栗原亮一と自由党土佐派の「通商国家構想」/隈板内閣前後における経済政策の展開―自由党系土佐派の外資輸入論を中心に)/『自由党史』の成立過程と歴史観(板垣退助の政界引退と『自由党史』/日露戦後における激化事件顕彰運動と『自由党史』/『自由党史』の編纂方針と記述の変容/土佐派の「明治維新観」形成と『自由党史』―西郷隆盛・江藤新平像の形成過程を中心に/付論 光永眠雷「西郷隆盛肖像」の成立/板垣退助岐阜遭難事件の伝説化―『自由党史』における記述の成立過程を中心に)/終章 総括と展望
著者略歴
中元 崇智(ナカモト タカトシ nakamoto takatoshi)
1978年、兵庫県生まれ。2000年、立命館大学文学部史学科卒業。2007年、名古屋大学大学院文学研究科人文学専攻博士後期課程修了。博士(歴史学)。現在、中京大学文学部歴史文化学科准教授。 ※2018年11月現在 【主要編著書】「日清戦争後における経済構想―金子堅太郎の『工業立国構想』と外資輸入論の展開―」(『史林』91-3、2008年)、「板垣退助と戊辰戦争・自由民権運動」(『歴史評論』812、2017年)。
タイトルヨミ
カナ:メイジキノリッケンセイジトセイトウ
ローマ字:meijikinorikkenseijitoseitou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

吉川弘文館の既刊から
岡田荘司/編集 笹生衛/編集
久保健一郎/著
公益財団法人永青文庫/編集 熊本大学永青文庫研究センター/編集
中井均/編集 鈴木正貴/編集 竹田憲治/編集

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。