近刊検索 デルタ

2022年12月21日発売

吉川弘文館

出版社名ヨミ:ヨシカワコウブンカン

明治維新と〈公議〉 議会・多数決・一致

議会・多数決・一致
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
明治維新という社会変革を画期として、政治的な合意システムが「全会一致」から一人一票の「多数決」へと移行していく。近代の議会制度が導入された地域社会のなかで「公議」概念はどのように変容し、制度として定着していったのか。静岡県各地の事例を丹念に調査・検討し、〈合意形成のあり方の変容〉という切り口からその実態に迫る注目の一冊。
目次
序章 本書の視角と課題/地方行政権力の成立と制度化される「公議」(領主権力の解体と広域の「公議」―「三河国藩集会」を事例に〈藩集会の前提/藩集会の開催〉/議事機関における官民関係と「公議」の実態―韮山県・足柄県を事例に〈韮山県「全国集会」における「公議」形成の構造/足柄県の民会とその特質〉/地方民会と「多数決」の波紋―浜松県を事例に〈「浜松県民会」の成立過程/小区会の実態―「第三大区二十四小区二十五小区連合民会」を事例に〉)/近代社会の形成と「公議」の変容(地租改正と「多数決」の導入―静岡県駿河国地域を事例に〈大区小区制下の地域運営/地価をめぐる「民」の議事とその困難〉以下細目略/近代社会としての「村」の形成―「多数決」の規範化と「共同性」の再構築/「公議輿論」の成立)/終章 〈合意秩序〉の変容としての明治維新
著者略歴
伊故海 貴則(イコミ タカノリ ikomi takanori)
1992年、静岡県生まれ。2021年、立命館大学大学院文学研究科博士後期課程修了。現在、立命館大学衣笠総合研究機構専門研究員(ポストドクトラルフェロー)、博士(文学)。 ※2022年12月現在 【主要論文】「明治前期地方官の民衆認識と地方経営―幕臣関口隆吉を事例として―」(『日本歴史』822、2016年)、「横井小楠における「議論」と世界認識―道理・武威・一致―」(『明治維新史研究』18、2020年)
タイトルヨミ
カナ:メイジイシントコウギ
ローマ字:meijiishintokougi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
ザ・殺人術
人の殺し方を本にしていいのか

-- 広告 -- AD --

吉川弘文館の既刊から
網野善彦/著 笠松宏至/著
大豆生田稔/著
もうすぐ発売(1週間以内)
KADOKAWA:やまもとりえ 
成文堂:長谷川貞之 
風媒社:溝口常俊 
中央公論新社:安倍晋三 橋本五郎 尾山宏 北村滋 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。