近刊検索 デルタ

2022年1月24日発売

吉川弘文館

出版社名ヨミ:ヨシカワコウブンカン

鎌倉公方と関東管領

対決の東国史
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
南北朝・室町時代、鎌倉府の首長「鎌倉公方」足利氏と、それを支えた「関東管領」上杉氏。君臣の間柄だった両者は、東国の動向や京都とのかかわりが絡み?対決?の結末をたどる。自立へ向かう100年の東国史を解きほぐす。
目次
プロローグ 足利氏と上杉氏/鎌倉公方、東国に立つ(内乱のなかで/関東執事と畠山国清の消長/関東管領上杉憲顕の帰還/鎌倉公方家の成立)/紛擾と争乱の東国(闘う東国寺社/氏満と義満/小山義政の乱/小山若犬丸と小田孝朝)/応永の乱から上杉禅秀の乱へ(列島支配の再編/応永の乱/南奥へ/上杉禅秀の乱)/鎌倉公方足利持氏と関東管領上杉憲実(上杉禅秀の影/足利持氏の専制/鎌倉公方の「野心」/「国堺」と相克/永享の乱)/エピローグ 足利持氏と上杉憲実のこどもたち/略年表
著者略歴
植田 真平(ウエダ シンペイ ueda shinpei)
1985年、東京都生まれ。2012年、早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程修了。現在、宮内庁書陵部研究職、博士(文学) ※2022年1月現在 【主要編著書】『中世関東武士の研究 20 足利持氏』(編著、戎光祥出版、2016年)、『鎌倉府の支配と権力』(校倉書房、2018年)、「東国社会と鎌倉府権力の展開」(『歴史学研究』1007号、2021年)
タイトルヨミ
カナ:カマクラクボウトカントウケンレイ
ローマ字:kamakurakuboutokantoukenrei

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

吉川弘文館の既刊から
鈴木則子/著
もうすぐ発売(1週間以内)
フォト・パブリッシング:寺本光照 
ふらんす堂:種谷良二 
NHK出版:オカズデザイン NHK出版 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。