近刊検索 デルタ

11月30日発売予定

吉川弘文館

出版社名ヨミ:ヨシカワコウブンカン

南関東の弥生文化

東アジアとの交流と農耕化
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
弥生時代中期の南関東地方に、中里遺跡をはじめとする大規模な低地農耕集落が忽然と姿を現した。その背景には、この地域で本格的な水稲農耕を受容する整った環境と、中国や朝鮮半島を含む技術・物資の流通網があった。最新の学際的研究によって、関東地方の水稲農耕と東アジアの交易ネットワークの実態を探り、列島の弥生社会の変化を解き明かす。
目次
序論 関東地方の水稲農耕と交易…長友朋子・深澤芳樹/関東地方における水稲農耕の受容と社会変化(石庖丁からみた東北アジア青銅器時代の農耕拡散…孫 晙鎬・中村大介/東北地方の弥生文化からみた中里遺跡…斎野裕彦/中里遺跡と南関東地方の農耕化…石川日出志/関東地方の水稲農耕導入後の集落展開…古屋紀之/環境変化と植物利用―縄文/弥生移行期の南関東地方…佐々木由香/水稲農耕導入期の中央高地東部…馬場伸一郎/コラム 中里遺跡の地形環境…高橋 学)/周縁地域との交流と東アジア(関東地方弥生社会の形成と太平洋沿岸の海人…杉山浩平/東海地方の集落変化と関東地方…石黒立人/土器の移動からみた近畿地方と中里遺跡…長友朋子/関東地方の弥生時代石器―金属器普及を左右した石器システム…寺前直人/北陸地方からみた関東地方の鉄器普及…林 大智/楽浪郡設置以前の黄海東部交易と弥生文化…中村大介)/総論 東アジアにおける関東地方の弥生社会…長友朋子・石川日出志
著者略歴
長友 朋子(ナガトモ トモコ nagatomo tomoko)
石川 日出志(イシカワ ヒデシ ishikawa hideshi)
深澤 芳樹(フカザワ ヨシキ fukazawa yoshiki)
タイトルヨミ
カナ:ミナミカントウノヤヨイブンカ
ローマ字:minamikantounoyayoibunka

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

-- 広告 -- AD --

吉川弘文館の既刊から
吉川弘文館編集部/編集
大藤修/著
日本考古学協会/編集
もうすぐ発売(1週間以内)
東京化学同人:D.P.Kroese 金森敬文 
論創社:岡崎広樹 
以文社:デヴィッド・グレーバー 藤倉達郎 
原書房:高尾栄司 
palmbooks:赤染晶子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。