近刊検索 デルタ

2021年10月21日発売

理論社

北の国から’92〜’02

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
1981から20余年にわたって続いた人気テレビシリーズ原作シナリオ。田中邦衛演じる黒板五郎が子ども二人を連れて生まれ故郷の北海道富良野で暮らし始めてから10年後20年後を描く4作品を収録。老い、自立、様々な壁にぶつかりながら生き方を探る親子それぞれの姿が共感を呼び、国民的大河ドラマともいわれるようになった。
放送開始40周年を記念し全作品を3冊の合本にして新装復刊(装画・倉本聰)。収録作品は「北の国から’92巣立ち」「北の国から’95秘密」「北の国から’98時代」「北の国から’02遺言」の4作。シナリオ文学の金字塔。
目次
北の国から’92巣立ち/北の国から’95秘密/北の国から’98時代/北の国から’02遺言
著者略歴
倉本聰(クラモトソウ kuramotosou)
1935年、東京都出身。脚本家。東京大学文学部美学科卒業後、1959年ニッポン放送入社。1963年に退社後、脚本家として独立。1977年、富良野に移住。1984年、役者やシナリオライターを養成する私塾・富良野塾を設立(2010年閉塾)。現在は富良野塾卒業生を中心に創作集団・富良野GROUPを立ち上げ、舞台公演を中心に活動。2006年よりNPO法人富良野自然塾を主宰。代表作は『北の国から』『前略おふくろ様』『うちのホンカン』『昨日、悲別で』『優しい時間』『風のガーデン』『やすらぎの郷』(以上TVドラマ)『明日、悲別で』『マロース』『ニングル』『歸國』『ノクターン-夜想曲』(以上舞台)『駅 STATION』『冬の華』(以上劇映画)他多数。
タイトルヨミ
カナ:キタノクニカラキュウジュウニカラゼロニ
ローマ字:kitanokunikarakyuujuunikarazeroni

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

理論社の既刊から
たかしよいち/著 中山けーしょー/イラスト
怖い話研究会/著 マニアニ/イラスト
山下明生/著 宇野亜喜良/イラスト
こわいはなし倶楽部/著 カワズミ/イラスト
もうすぐ発売(1週間以内)
東洋経済新報社:城田真琴 
第三書館:高島利行 
集英社:堂場瞬一 
現代書館:インティ・シャベス・ペレス みっつん 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。