近刊検索 デルタ

2024年4月4日発売

明石書店

出版社名ヨミ:アカシショテン

ノルウェーの幼児教育におけるジェンダー平等と公平性

多様で持続可能な社会へ向けて
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ノルウェーの幼児教育におけるジェンダー平等、公平性、多様性の尊重に向けた理論と実践をテーマにした意欲的な研究書。豊富な現地調査をもとに、同国の保育政策、カリキュラム、保育者、保護者および子どもの公平性の観点から多角的に分析していく。
目次
Foreword(序文)[クイーン・モード幼児教育大学教授:カーリ・エミルセン]
はじめに

序章 公平な社会の実現に向けて
 第1節 日本の幼児教育の課題とノルウェーの幼児教育
  1.日本の状況と課題
  2.ノルウェーの幼児教育に着目する理由
 第2節 本書の目的と構成

第Ⅰ部 ノルウェーの幼児教育

第1章 ノルウェーの幼児教育と幼児教育政策の概要
 第1節 概要と歴史
  1.国の概要と歴史
  2.行政の仕組み
  3.教育制度
  4.男女平等に向けた政策の変遷
  5.女性の活躍に向けた取り組み
  6.移民――サーメと新たな移民
 第2節 保育施設の現況
  1.就園率の変化
  2.保育施設の就園率、施設数、保育者数の変遷

第2章 公平性および先行研究の検討と課題
 第1節 本書における公平性と平等
 第2節 先行研究の検討
 第3節 4つの課題の設定(リサーチクエスチョン)
 第4節 調査対象と概要

第Ⅱ部 幼児教育カリキュラムに見る幼児教育政策

第3章 公平性に向けた幼児教育カリキュラムの歴史的変遷
 第1節 幼児教育カリキュラムの社会的背景
 第2節 幼児教育政策の歴史と管轄省庁の変遷
 第3節 幼児教育カリキュラムの内容の変遷
  1.子どもと保育への注目の始まり――幼児教育カリキュラム制定前(1975~1994)
  2.保育における男女平等の視点の登場――1995年版幼児教育カリキュラム
  3.質の高い保育と子どもの男女平等――2006年版幼児教育カリキュラム改定
  4.男女平等を含む多様性への注目――2011年版幼児教育カリキュラム改定
  5.多様性を尊重する平等社会の実現――2017年版幼児教育カリキュラム改定
  6.4つの幼児教育カリキュラムと社会の変化

第4章 幼児教育カリキュラムの現況と特徴
 第1節 2017年版幼児教育カリキュラムの内容
  1.幼児教育カリキュラムの構成
  2.幼児教育カリキュラムの特徴
 第2節 幼児教育カリキュラムに見る多文化、多様性の尊重と運用
  1.文化的多様性の尊重の視点から見た幼児教育カリキュラム
  2.移民の増加と文化的多様性の尊重への注目
  3.政策における多様性の尊重
  4.園で適用されている幼児教育カリキュラム
 第3節 幼児教育カリキュラムに見るICT教育の重視――小学校との接続
  1.幼児教育におけるICT
  2.ICT教育政策
  3.ICT教育における幼小連携を支える組織
  4.ICT教育における生涯学習の基礎としての幼小連携

第Ⅲ部 保育者の専門性と公平性

第5章 公平性の伝え手としての保育者
 第1節 保育者養成課程と保育者
  1.OECD各国の保育者養成とノルウェーにおける保育者養成
  2.2012年改定保育者教育の基本計画に関する規則
  3.保育従事者国際調査TALISに見るノルウェーの保育者の意識
  4.ノルウェーの保育者の課題
 第2節 ジェンダーバランスと男性保育者
  1.ジェンダーバランスに関する問題の背景
  2.保育者のジェンダーバランスへの注目
  3.男女平等教育と保育者のジェンダーバランス
  4.平等政策と他機関との連携
  5.ジェンダーバランスの現在
 第3節 移民の保育者と言語の教育
  1.移民の保育者に関する問題の背景
  2.Norway Todayにおける移民の保育者の言語能力に関する記事の検討
  3.保育者に求められるノルウェー語能力の要件
 第4節 保育者養成とキャリアアップに関する政策

第6章 公平性に関する保育者の意識――インタビュー調査から
 第1節 調査の背景および概要
  1.保育者の幼児期の平等意識についての課題と背景
  2.分析の対象および調査方法
 第2節 保育者による幼児期の男女平等/多様性の尊重の意識の醸成に関する意味づけ
  1.幼児教育政策の変遷と幼児教育カリキュラム
  2.男性保育者に関して語られたこと
  3.保育者の多様な背景に関して語られたこと
  4.保護者に関して語られたこと
  5.子どもに関して語られたこと
 第3節 幼児教育関係者による幼児教育の現状と課題の意味づけ

第Ⅳ部 親の権利と子どもの権利

第7章 親・保護者の権利――保育への参加の視点から
 第1節 保育における親の参加
 第2節 親の権利
  1.保育施設における親の育児の権利の保障
  2.保育施設における親の役割と権利
  3.親による保育施設に対する評価
 第3節 子育てにおける父親の役割への着目
  1.父親に関する問題の背景
  2.政府による父親育児参加の促進

第8章 子どもの権利――子どもの権利条約と「参加する権利」
 第1節 「子どもの権利」概要
 第2節 子どもの権利条約批准の歴史
  1.ノルウェーにおける参加する権利の尊重
  2.批准に至る背景と批准後の子どもの権利に関する変遷
  3.子どもの権利条約批准後の国内法
  4.保育施設における子どもの「参加する権利」
 第3節 子どもオンブズマンの活動
  1.子どもオンブズマンによる「子どもの権利」の監視
  2.活動を促す仕組み
 第4節 絵本に見る子ども観とジェンダー
  1.絵本におけるジェンダー意識
  2.ノルウェーの選書リストの絵本の概要
  3.絵本の主人公に見られる特徴
  4.ノルウェーの選書リストの絵本に見る特徴
  5.考察

終章 結論と今後の課題
 第1節 結果の概要と考察
  1.幼児教育政策の歴史的変遷
  2.公平性に向けた取り組みの内容と方法
  3.保育者の特徴および幼児の公平性に関する保育者の意識
  4.ノルウェーの幼児教育における親の権利および子どもの「参加する権利」
 第2節 今後の課題と展望

 参考文献
 あとがき
著者略歴
松田 こずえ(マツダ コズエ matsuda kozue)
[略歴]お茶の水女子大学家政学部児童学科卒業 私立・公立幼稚園勤務経験後、お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科人間発達科学専攻保育・児童学領域博士後期課程修了 博士(社会科学)お茶の水女子大学 [専門]子ども学、保育学、国際保育 [所属]武蔵野大学教育学部幼児教育学科 [主要な論文] 「保育者のジェンダーバランスに関する研究――1997年から2017年までのノルウェーの保育政策の分析から」(2020)『保育学研究』58. 「ノルウェーの保育カリキュラムの改革動向――男女平等に向けた取り組みに着目して」(2020)『国際幼児教育研究』27. 「ICT教育における幼小連携に関する研究――ノルウェーの取り組みに着目して」(2021)『国際幼児教育研究』28.
タイトルヨミ
カナ:ノルウェーノヨウジキョウイクニオケルジェンダービョウドウトコウヘイセイ
ローマ字:noruweenoyoujikyouikuniokerujendaabyoudoutokouheisei

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
止められるか俺たちを 暴走族写真集
日本には暴走族がいる

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。