近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
 
『海獣の子供』で人気の漫画家が圧倒的画力で描く、不思議でやさしい夜の絵本


森の中に打ち棄てられた1台のバス。
何十年もの間、忘れられて、錆びて、雑草や蔦がからまって、もうボロボロ。
——ある日、とうとう手がはえ、脚がはえ、バスザウルスになって動き出した!

初めて歩いて疲れたバスザウルスがバス停で休憩していると、乗り込んできたのはおばあさん。
それから毎晩、決まった時間におばあさんを乗せてバスザウルスは夜をゆく。
だんだん乗客も増え、見えるもの、見えざるものを引き連れていく。

でもある晩、おばあさんの姿が見えなくなった。
バスザウルスはくる日もくる日もおばあさんを待ち続け……。
著者略歴
五十嵐 大介(イガラシ ダイスケ igarashi daisuke)
五十嵐 大介(いがらし・だいすけ) 1969年生まれ。マンガ家。2004 年『魔女』(小学館)にて文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞。2009 年『海獣の子供』(小学館)にて第38回日本漫画家協会賞優秀賞および第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞。同作は 2019年にSTUDIO 4℃制作によるアニメーション映画も公開され好評を博した。その他画集に『海獣とタマシイ』(小学館)、絵本に『人魚のうたがきこえる』(イースト・プレス)などがある。
タイトルヨミ
カナ:バスザウルス
ローマ字:basuzaurusu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

亜紀書房の既刊から
長谷川裕也/著
リディア・パイン/著 菅野楽章/翻訳
五十嵐大介/著
ベンジャミン・カーター・ヘット/著 寺西のぶ子/翻訳
本日のピックアップ
シーエムシー出版:杉山成 
大蔵財務協会:樫田明 増尾裕之 
みすず書房:ロラン・バルト 三好郁朗 
コロナ社:電子情報通信学会 益一哉 天川修平 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。