近刊検索 デルタ

7月20日発売予定

明日香出版社

図解 身近にあふれる「物理」が3時間でわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
物理まみれの世界へようこそ!

理科系の科目において、多くの方が履修し、そしてつまずくのが「物理」ではないでしょうか。

物理現象は私たちの身近にあふれている一方、「難しすぎてよくわからないもの」といったイメージを持つ方が少なくないでしょう。



本書ではそんな読者のために、公式や計算式などはほぼ登場しない、文系でも楽しく読める物理の本を目指しました。



私たちの現代社会は、物理の恩恵を受けて、その豊かさを享受しています。でもその内容が「さっぱり理解できない」では、なんだか人生損した気分です。

家電製品も音楽もスポーツも、街角から宇宙まで、あらゆるところにあるのが物理現象です。そんな身のまわりの面白話で、新しい日常を探しに行きませんか。
目次
第1章 「視覚と聴覚」にあふれる物理

若者にしか聞こえない音がある

赤外線と紫外線はどんなはたらきをしているの

どうして老眼や近視・遠視になるの

蜃気楼はどんなときに見えるの

なぜ地球は青いの

虹は真下に行くとどんなふうに見えるの

雷は+と−の電気が中和する現象

アコースティックギターの穴と空洞はどんな役割を担っているの

自分の声は、耳と頭がい骨の両方から聞こえている

楽器の音の高さや音色はどうやって決まるの



第2章 「街角と宇宙」にあふれる物理

アーチ型の石橋と卵は同じ構造

打ち水をするとどのくらい涼しくなるの

体脂肪計は体に電流を流して測定している

水で焼く調理器の仕組みはどうなっている

人はどうして2本足で倒れないの

走っている自転車が倒れにくいのはなぜ

遊園地のフリーウォールでは重力加速度Gの何倍を体験できる

国際宇宙ステーションは無重力ではなく無重量状態

はやぶさ2を動かすイオンエンジンって何

月面の宇宙飛行士はなぜフワフワ歩くの



第3章 「快適生活」にあふれる物理

本当の体温はどこの温度で、どうすれば測れるの

息を吹きかけるときの「ハー」と「フー」で温度が違うのはなぜ

物の「すわりのよさ・悪さ」って何

ストローでジュースが飲めるのはなぜ

なぜ圧力鍋は調理時間を短縮できるの

300トンの飛行機を持ち上げる揚力って何

光を使ったデータ通信が速いのはなぜ



第4章 「電気と家電」にあふれる物理

冷蔵庫が冷える仕組みはどうなっている

なぜ電子レンジは温めるときに回転させるの

エコな給湯器はどうやってお湯を沸かしているの

電磁調理器(IH)で土鍋が使えるのはなぜ

LED照明の電気代が安いのはなぜ

人の体から電磁波が出てるって本当

有機ELディスプレイって何がすごいの



第5章 「安全な生活」にあふれる物理

吊り橋が落ちるときは何が起きているの

ハイヒールに踏まれるのはゾウに踏まれるより危険なの

車が急に止まれないのはなぜ

生卵も殺人兵器になる

人体に雷が落ちることがあるのはなぜ

バチッと衝撃の静電気はどうやって防いだらいい

1つのコンセントでどのくらいタコ足配線したら危険なの

スマホの電波に害はないの



第6章 「人体とスポーツ」にあふれる物理

押し合いの力が等しくても勝敗がつくのはなぜ

筋肉の力はテコの原理のおかげで発揮される

スターターピストルの号砲はなぜ火薬音ではなくなったの

スターティングブロックは何の役に立つの

マラソンで人の後ろを走るメリットはどのくらいある

水泳で一番スピードが出ているのはどのタイミング

氷の上をスケートが滑る理由はよくわかっていない

フィギアスケートの5回転ジャンプはどのくらい難しいの

棒高跳びであんなに高く跳べるのはなぜ



第7章 「球技」にあふれる物理

ボールを遠くに投げるにはどの角度で投げたらいい

投げたり蹴ったりするボールを曲げる原理はどうなっている

ボールにスピンをかける意味って何

野球で「バットの芯に当たる」ってどういうこと

バレーボールのホールディング規則は選手と審判のだまし合いなの
著者略歴
左巻 健男(サマキ タケオ samaki takeo)
東京大学講師・元法政大学教授 専門は、理科・科学教育、科学リテラシーの育成。 1949年栃木県小山市生まれ。千葉大学教育学部卒業(物理化学教室)、東京学芸大学大学院教育学研究科修了(物理化学講座)、東京大学教育学部附属高等学校(現:東京大学教育学部附属中等教育学校)教諭、京都工芸繊維大学教授、同志社女子大学教授、法政大学教授等を経て現職。 『RikaTan(理科の探検)』誌編集長。中学校理科教科書編集委員・執筆者(東京書籍)。 著書に、『暮らしのなかのニセ科学』(平凡社新書)、『面白くて眠れなくなる物理』『面白くて眠れなくなる化学』『面白くて眠れなくなる地学』『面白くて眠れなくなる理科』『面白くて眠れなくなる元素』(以上、PHP 研究所)、『話したくなる!つかえる物理』『図解 身近にあふれる「科学」が 3 時間でわかる本』『図解 身近にあふれる「微生物」が 3 時間でわかる本』(明日香出版社)ほか多数。
タイトルヨミ
カナ:ズカイ ミヂカニアフレルブツリガサンジカンデワカルホン
ローマ字:zukai mijikaniafurerubutsurigasanjikandewakaruhon

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
ロギカ書房:伊藤俊一 
大蔵財務協会:小原清志 
東京大学出版会:藤垣裕子 小林傳司 塚原修一 平田光司 中島秀人 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。