近刊検索 デルタ

2022年5月26日発売

明日香出版社

出版社名ヨミ:アスカシュッパンシャ

英文法は絵に描きやすいルールでできている

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
英語視点が身につくから英文法が「使える」ようになる

なぜ英語には冠詞が必要なのか?
なぜ英語の順番は「主語+動詞」なのか?

英語を学んできて、こんな疑問をもったことはありませんか?

本書籍では、言語学に裏付けされた「英語は絵に描きやすいルールでできている」という理論をもとに、英文法の「なぜ?」を解説しています。

認知言語学をベースにした豊富なイラストと一緒に「英語でこう見えているから、英文法がこうなっている」と実感しながら学ぶことができるので、英語らしい文が作れるようになります。

英語を話すための第一歩を一緒に踏み出しましょう!
目次
Chapter 1 英語は絵に描きやすいルールでできている
1 絵に描きにくい日本語、描きやすい英語 
2 その場に漂う日本語、一直線に進む英語 


Chapter 2 名詞に輪郭を描く a/the/some/any/複数形
Part1 a・肉体と魂を区別する境界線
1 appleに輪郭a(an)がなければ、それは「りんごの魂」 
2 riceは米ではなく「米類」 
3 fishは何匹でも輪郭は1つ
4 lot/little/fewの輪郭
5 「種類名」か個か 
6 「機能名」か個か 
7 名詞は肉体と魂を持っている 
8 <形があるもの> 魂にフォーカスするから輪郭なし         
9 <形がないもの> コンセプトは輪郭を持っていない 
10 <形がないもの>に輪郭を描く・2つの法則 

Part2 aとthe・ズームアウトとズームインの世界
1 「あなた」と「私」がのぞく共通フレーム 
2 6つの<チューナー図>
  ズームアウトのa・ズームインのthe
3 話し手と聞き手の共通フレームは、都度切り替わる 
4 話し手と聞き手の共通フレーム・舞台はこう切り替わる 

Part3 some/any/輪郭のない複数形
1 some/anyという輪郭のしごと 
2 輪郭なしの複数形・同じものをたくさん描く 
3 <まとめ> 輪郭を選ぶ決め手は「どんな絵を伝えたいか」


Chapter3 動詞の5つのカタチ(原形/to原形/-ing形/過去形/過去分詞形)
1 状態を支える動詞と動きを担当する動詞 
2 動詞がカタチを変えるとき ドヤ顔の文法用語を再確認
3 動詞はカタチを変えて仕事をする 原形/to原形/-ing形/過去形/過去分詞形 
4 親分動詞との関係で決まる、子分動詞のカタチ


Chapter 4 時の絵はタイムライン上に描く
1 <時の捉え方> 2つの法則 
2 現在形・現在進行形(図①②)  
現在空間での<静止>と<動作中のスナップショット> 
3 過去形・過去進行形(図④⑤)   
過去空間での<静止>と<動作中のスナップショット> 
4 現在完了形(図③) 
<今ココ>と過去とつなぐ現在過去リンク形
5 現在完了進行形(図②+③)    
<今ココ>と過去をリンクし、更に未来へぐんぐん進む 
6 過去完了形(図⑥)
過去空間で2つの出来事をリンクさせる 
7 過去完了進行形(図⑤+⑥) 
過去空間のメインアンカーが終着点
8 未来表現 未来は<今ココ>がにぎっている 


Chapter 5 原理動詞とロケーションワード
Part1 原理動詞とロケーションワードの「ど真ん中」
1 たくさんの動きを入れる大きな器
2 「何を」を補って考えると<英語の型>が見えてくる 
3 ベン図方式で英単語の「ど真ん中」を見つける
4 ロケーションワード・位置情報を絵に描く 
5 最適なチューニングのための2つの法則

Part2 原理動詞・たくさんの動きを入れる大きな器
1 (have) テリトリーに入れている 
2 (put) ざっくりと配置する 
3 (get) 小さな動きで変化する
4 (take) 大きな動きで変化させる 
5 (give) 自分のところから何かを出す 
6 (bring) 矢印は自分に向かってやってくる
7 (goとcome) 基点を定めて矢印を描く・離と至
8 (make) 手を加えて変化させる
9 (keep) 積極的につかんで離さない 
10 日本語の方が「大きな器」である場合 
11 太っ腹な原理動詞 hold break catch run leave deliver

Part3 ロケーションワード・位置情報を絵に描く
1 (with)
2 (for)
3 (to)
4 (from) 
5 (onto - on)
6 (off)
7 (into - in - out)
8 (out)
9 (of)
10 (at)
11 (about)
12 (by)
13 (through)
14 (over)
15 (as)
16 (up - down)

Chapter 6 2つの次元<現実/仮定>と助動詞
1 助動詞 動詞の運転モード切り替え役
2 2つの次元で考える <現在次元><If次元>
3 事実や現実でないことは全て、<If次元>で起きている
4 can  実行可能モード
5 will  意思表示モード
6 may  推測・許可モード 
7 shall  提案モード(疑問文で)
8 should 疑いなしモード 
9 have to 向かう行動は1つしか持っていない
10 must 圧力・断定モード

Chapter7 <英語ははっきり、日本語は曖昧>のショウタイ
1 プロセスで止まる日本語と、ゴールまで行く英語
2 「はっきり」の 鍵をにぎるのは形容詞

おわりに
謝辞
参考文献
著者略歴
オールライト千栄美(オールライト チエミ ooruraito chiemi)
1972年 明治大学文学部卒業。英国在住。日本人に最適な英語認知に主眼をおいた英語レッスン/セミナーを生業とする、言語認知コンサルタント・社会言語論者。2011年よりマンツーマンレッスンやコンサルテーションを開始。毎月多い時には200人の日本人英語学習者に接する中で、日本人と英語の関係を探り検証を重ねる。その実証に認知言語学、社会言語学、対照言語論からのアプローチを融合させた英語解説は、知識共有プラットフォームQuoraにおいて、掲載1年で2,500人を超えるフォロワーを獲得、Forbes JAPANにも取り上げられる。現在も英語学習者と英語教育者を指導すると共に、「言語が違えば世界は違って見えている」をテーマとした、文化、社会、教育系セミナーを行う。 著書『英語のショウタイ-今度こそ、英語を話せるようになりたいと願うすべての方へ』デザインエッグ社発行。
タイトルヨミ
カナ:エデカケルエイブンポウ
ローマ字:edekakerueibunpou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
泣くな、わが子よ
ノーベル賞候補であり続ける文学者の代表作

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
信山社出版:佐藤裁也 
牧歌舎:飯田廣恒 
講談社:荒木あかね 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。