近刊検索 デルタ

2021年3月29日発売

メジカルビュー社

バランス障害リハビリテーション

障害像を的確にとらえるための基本理論と評価・治療の進め方
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
バランス障害の原因をどのように評価し,その原因に対してどのように治療を行うのか,概念や障害発生のメカニズムに留まらず,臨床でのアプローチを具体的に解説する書籍。
評価方法や疾患・障害ごとに現れる特徴,領域別の評価・治療についてイラストや写真を用いて効果的に提示することで,抽象的な概念や患者に対するアプローチを視覚的に理解できる紙面構成となっている。
目次
第Ⅰ章 バランスの基礎
 1 リハビリテーションにおけるバランスのとらえ方  望月 久
  はじめに
  バランスとバランス能力
  バランス能力のシステム論的モデル
  バランス能力と動作の課題,動作を実行する環境とのかかわり
  バランス能力を規定する空間的要因
  身体重心制御と足圧中心制御
  慣性力と見かけの重力作用
  バランスの全体像
 2 バランスにかかわる神経機構   望月 久
  はじめに
  運動制御からみたバランス能力
  随意運動と姿勢調節の神経機構
  外側運動制御系と内側運動制御系
  神経系の階層構造からみたバランス能力の神経機構
  時間軸からみたバランス能力にかかわる神経機構の働き
  予測的姿勢調節と補償的姿勢調節
  バランス能力と感覚機能
  身体イメージ・運動イメージとバランス
  運動学習とバランス能力
 3 バランスの生体力学   藤澤宏幸
  並進平衡と回転平衡
  重力,重心とその合成
  支持基底面,床反力,足圧中心,安定性限界
  静的バランスと動的バランスの力学
  ファンクショナル・リーチにみる姿勢制御とバランス
  
第Ⅱ章 バランスの評価
 1 バランス評価の考え方   望月 久
  はじめに
  ICF のなかでのバランス,バランス能力の位置づけ
  バランス能力評価の目的
  バランス能力評価の流れ
  バランス能力評価の基本的な考え方
  パフォーマンスに基づく評価指標(臨床的評価指標)
  基本的な動作の観察によるバランス能力評価
  バランス能力を規定する空間的要因に着目した評価指標(BBAT)
  立ち直り・平衡反応および外乱刺激によるバランス能力評価
  動作の時間的な流れに沿った動作の分析によるバランス能力評価
  介入指向型のバランス能力評価
  質問紙による主観的な評価指標
  重心動揺計を用いたバランス能力評価
 2 臨床的評価指標   小林 武
  バランスの臨床的評価指標の特徴
  臨床的評価指標選択の条件
  臨床的評価指標に共通する留意点
  臨床的評価指標の実際
 3 機器を用いたバランスの運動学的・運動力学的評価   長田悠路
  バランスを評価する機器
  重心動揺計や床反力計を用いたバランス評価
  ビデオカメラを用いたバランス評価
  加速度計を用いたバランス評価
  三次元動作解析装置を用いたバランス評価
  臨床での計測機器の活用
  バランスを崩す原因・プロセスの分析
  予測的姿勢制御
  まとめ
  
第Ⅲ章 バランス改善に向けたリハビリテーション
 1 バランス改善に向けたリハビリテーションの考え方   望月 久
  はじめに
  バランス能力改善に向けたアプローチの基本的な考え方
  バランス能力改善における課題の設定
  バランス能力の空間的要因に基づくバランス練習
  バランスのレベルに沿ったバランス能力改善
  動作の安定性向上を目的とするバランス練習
  自助具や補装具の導入,環境調整によるバランスの改善
 2 神経疾患によるバランス障害に対するリハビリテーション   望月 久
  はじめに
  片麻痺,運動失調症,Parkinson 病の運動障害の特徴
  バランス能力の空間的要素からみた片麻痺,運動失調症,
  Parkinson 病の特徴とバランス能力改善の方向性
  片麻痺に対するバランス能力改善のアプローチ
  運動失調症に対するバランス能力改善のアプローチ
  Parkinson 病に対するバランス能力改善のアプローチ
 3 運動器疾患によるバランス障害に対するリハビリテーション   対馬栄輝
  運動器疾患によるバランス障害
  評価の手順
  リハビリテーションの実際
 4 高齢者のバランス障害に対するリハビリテーション   山田拓実
  高齢者のバランス障害の特徴
  高齢者のバランス障害の評価
  フレイルの予防・改善,介護予防,転倒予防などを目標とする
  リハビリテーションのポイント
  個別に実施する運動プログラム
  運動介入による転倒予防効果のエビデンス
  転倒の予防運動プログラムの課題
   小児のバランス障害に対するリハビリテーション   松田雅弘
  小児のバランス障害の特徴
  小児のバランス障害の評価
  バランス改善に向けたリハビリテーション
著者略歴
望月 久(モチヅキ ヒサシ mochizuki hisashi)
文京学院大学保健医療技術学部理学療法学科教授
タイトルヨミ
カナ:バランスショウガイリハビリテーション
ローマ字:baransushougairihabiriteeshon

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

メジカルビュー社の既刊から
池田学/監修 村井千賀/編集
玉田勉/編集 陣崎雅弘/編集 福倉良彦/編集 竹内充/編集 丸上永晃/編集 山本亮/編集 ほか
もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:堂場瞬一 
幻冬舎:横田慎太郎 
東洋経済新報社:山脇秀樹 
光文社:有馬美季子 
青春出版社:清水建二 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。