近刊検索 デルタ

2022年6月28日発売

開拓社

出版社名ヨミ:カイタクシャ

新・ヒトのことばの起源と進化

開拓社 言語・文化選書 94
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
我々ヒトだけがことばを自在に操ります。このヒトのことばの大元は、人類進化史上、どのようにして(How?)、いつ(When?)起源・進化したのでしょうか。本書では、この2つの謎を解き明かすべく、最近の生成文法のアプローチに拠りさまざまな分野の最新の知見・成果を駆使して、前者については「併合語彙結合仮説」を、後者については「言語早期発現仮説」を提唱・展開します。
目次
第1章 言語の起源と進化

第2章 ミニマリスト・プログラム/MP

第3章 音側の前躯体

第4章 意味側の前躯体

第5章 How?―併合語彙結合仮説

第6章 When?―言語早期発現仮説

第7章 まとめ―結論に代えて

第8章 おわりに―あとがきと展望に代えて
著者略歴
池内 正幸(イケウチ マサユキ ikeuchi masayuki)
1949年新潟県上越市(旧高田市)生まれ。東京教育大学大学院博士課程英語学専攻単位取得後退学。博士(文学)。マサチューセッツ工科大学言語学・哲学科、エジンバラ大学言語進化・計算研究ユニットにてVisiting Scholarとして研究に従事。愛知県立大学、津田塾大学などを経て、現在聖徳大学語学教育センター教授。名古屋外国語大学名誉教授。市河賞(2004 年)受賞。専門は、言語の起源・進化研究および生成文法理論に拠る言語理論研究。著書に、『名詞句の限定表現』(大修館書店)、Predication and Modification―A Minimalist Approach(Liber Press)、『明日に架ける生成文法』(共著、開拓社)、『言語と進化・変化』(編著、朝倉書店)、『ひとのことばの起源と進化』(開拓社)、『生成言語研究の現在(いま)』(共編著、ひつじ書房)、『言語の設計・発達・進化 生成言語学探求』(共編著、開拓社)、『英語学を英語授業に活かす 市河賞の精神(こころ)を受け継いで』(共編著、開拓社)など。
タイトルヨミ
カナ:シンヒトノコトバノキゲントシンカ
ローマ字:shinhitonokotobanokigentoshinka

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

開拓社の既刊から
島越郎/編集 富澤直人/編集 小川芳樹/編集 土橋善仁/編集 佐藤陽介/編集 ルプシャコルネリア/編集
もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:山岸伸 歩りえこ 
一般社団法人高等教育開発研究所:出光直樹 宮本俊一 河村振一郎 
SBクリエイティブ:成田悠輔 
大誠社:嶋伏ろう 梅澤夏子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。