近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
近年、研究蓄積が進みつつある「アイヌ史」研究においても、近現代の「アイヌ民族活動史」については、管見の限りあまり深掘りされていないように見受けられる。
 本書は、戦後アイヌ民族活動史への理解を深めるための一つの「道具」として、主に1945年以降のアイヌ民族の復権にむけた「解放運動」をはじめとする諸活動史について、論究したものである。
目次
はじめに

序章 前史 戦前の活動
 戦前のアイヌ民族の組織活動

第1章 社団法人北海道アイヌ協会設立
 社団法人北海道アイヌ協会の設立/設立総会案内状/初代理事長向井山雄/定款の起草者は誰か/昭和二一年度第一回定期代議員会/新冠御料地並びに日高種馬牧場解放促進大会

第2章 GHQ施政下のアイヌ
 幻のアイヌ独立/各種選挙にアイヌが立候補/昭和二一年度決算/サザランド博士/給与地の返還及び農地改革法適用除外運動/新冠御料牧場の解放/役員改選/役員間の書簡

第3章 活動の空白期とアイヌ協会の再建・再開
 運動の挫折/高橋真と『アイヌ新聞』/荻伏支部/「空白期」/協会の再建と名称変更/活動の再開/アイヌ新法案の萌芽/ウタリ福祉対策/北星寮とうせない荘/北星寮の経営状態/うせない荘の建設/うせない荘の経営状況/北星寮・うせない荘の活用

第4章 福祉活動から民族活動へ
 ウタリ協会事務局体制の確立/アイヌ民族運動の盛り上がり/北海道旧土人保護法改廃問題/結城庄司とアイヌ解放同盟/北大アイヌ人骨問題/南北の塔イチャルパ/アイヌ新法制定活動/二風谷ダム裁判/『アイヌの学校』事件の顛末/アイヌ文化振興法の制定/アイヌ文化振興法の評価とアイヌ文化財団の設立/アイヌ・ウタリ協会名称変更問題/野村理事長退任/ウタリ協会創立五〇周年/国際会議等/国・道などの動き/アイヌ文化継承活動/アイヌ民族の現状/先住民族アイヌ/道外アイヌ関係団体の活動/公益社団法人北海道アイヌ協会の誕生/国政選挙アイヌ候補者結果まとめ

おわりに

主な参考文献

コラム
 新谷 行(しんや ぎょう)没後四〇年
 「アイヌ施策推進法」について
著者略歴
竹内 渉(タケウチ ワタル takeuchi wataru)
1954年、埼玉県に生まれる。1979年北海道大学経済学部卒業。1983年に札幌アイヌ文化協会に参画。1993年から北海道アイヌ(ウタリ)協会に事務局員として勤務、事務局次長、事務局長兼常務理事を歴任し、2015年定年退職。 主な著書に、『結城庄司研究報告書』(竹内渉編、結城庄司研究会、2002年)、『野村義一と北海道ウタリ協会』(竹内渉編著、草風館、発行2004年)、『結城庄太郎研究報告書』(竹内渉編、結城庄司研究会、2005年)、『北海道アイヌ(ウタリ)協会史 研究1報告書』(竹内渉編、結城庄司研究会、2006年)、『北海道アイヌ(ウタリ)協会史 研究2報告書』(竹内渉編、結城庄司研究会、2007年)、『森久吉研究報告書 森久吉研究ノート』竹内渉編・発行、2008年)、『小川佐助研究報告書』(竹内渉編・発行、2009年)、『北の風 南の風~部落、アイヌ、沖縄。そして反差別~』(竹内渉著、解放出版社、2009年)、「アイヌ民族『問題』の概要」他/竹内渉(『アイヌ問題の今』部落解放・人権研究所編・発行、2017年)などがある。
タイトルヨミ
カナ:センゴアイヌミンゾクカツドウシ
ローマ字:sengoainuminzokukatsudoushi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

解放出版社の既刊から
愛知部落解放・人権研究所/編
部落問題学習ネタつくろう会/編 星野勇悟/監修
天笠啓祐/著
もうすぐ発売(1週間以内)
アリス館:まはら三桃 めばち 
筑摩書房:恩田陸 
集英社:出水ぽすか 白井カイウ 
KADOKAWA:サラブレ編集部 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。