近刊検索 デルタ

3月12日発売予定

海竜社

米中激突と日本の針路

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
歴史上、かつてないほどの深刻な対立を見せている米中関係。政治、経済、海洋領域、軍事拡張、中国隣国を巻き込んだ人権問題など、多面的な問題を抱えた米中の“新冷戦”を読み解き、日本が進むべき道筋を探る。
目次
序 章 米中関係はいま 
第1章 アメリカの対中政策大転換
第2章 米中経済関係の激変
第3章 軍事面でのせめぎあい
第4章 中国の野望
第5章 米中の政治と外交の戦い
第6章 米中の海洋戦略闘争
第7章 中国の人権弾圧とアメリカ
第8章 日本への激流
最終章 米中日の三国関係の展望
著者略歴
古森 義久(コモリ ヨシヒサ komori yoshihisa)
古森義久(こもり よしひさ) 1941年生まれ。産経新聞ワシントン駐在編集特別委員兼論説委員。麗澤大学特別教授。国際教養大学客員教授。「ライシャワー核持ち込み発言」報道で日本新聞協会賞、東西冷戦終結報道で日本記者クラブ賞、『ベトナム報道1300日』(講談社)で講談社ノンフィクション賞などを受賞。
矢板 明夫(ヤイタ アキオ yaita akio)
矢板明夫(やいた あきお) 1972年中国天津市生まれ。15歳の時に残留孤児2世として日本に引き揚げ。97年慶応大学卒業。中国社会科学院、南開大学非常勤講師を経て、02年から産経新聞社記者。中国総局(北京)特派員などを歴任し、17年から外信部次長。『習近平 共産中国最弱の帝王』(文藝春秋)で第7回樫山純三賞を受賞
タイトルヨミ
カナ:ベイチュウゲキトツトニホンノシンロ
ローマ字:beichuugekitotsutonihonnoshinro

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
シーエムシー出版:杉林堅次 正木仁 市橋正光 
東洋館出版社:鈴木ヒデトシ ノグチノブコ 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。