近刊検索 デルタ

2018年9月21日発売

金子書房

母と娘の心理臨床

家族の世代間伝達を超えて
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
心理臨床で出会うことの多い母・娘間の葛藤の問題を、「親の期待」と「世代間伝達」という新たな視点からとらえ、解決の糸口を探る。
目次
第1章 母と娘の関係性
 1 母娘関係の断面
 2 母娘関係を捉える視座
 3 世代を超えてつながる母娘

第2章 母娘関係と父親の役割
 1 家族における父親の存在
 2 父親役割に関する調査研究から
 3 母娘密着と父親の役割
 4 母娘関係における父親の機能

第3章 母親に取り込まれる娘 ―愛着の世代間伝達
 1 Aさんの愛着関係
 2 Aさんの家族構成と主訴
 3 Aさんとの面接経過
 4 愛着障害とその世代間伝達

第4章 期待のあり方から見た母娘関係 ―Bさんの事例
 1 母娘関係と親の期待
 2 Bさんの家族構成と主訴
 3 Bさんとの面接過程
 4 母娘関係における「期待」と「あきらめ」

第5章 母娘関係の世代間伝達
 1 母娘のパラレル・パターン
 2 Cさんの家族構成と主訴
 3 Cさんとの面接過程
 4 母娘関係における連鎖とその変容
 5 家族における世代間伝達
 6 家族風土とパラレルパターン

第6章 母娘関係を上手に生きるために
 1 娘の視点から
 2 母親の視点から
 3 父親の視点から
 4 母と娘の心の重ね合わせ
 5 母娘関係の発達論
 6 「逃げ場所」と「相対化」としての第三者の存在
 7 共に育つ母娘関係:因果論を超えて
著者略歴
内田利広(ウチダトシヒロ)
京都教育大学教授。博士(心理学)。臨床心理士。専門は教育臨床心理学、家族心理学、人間性心理学。公立中学のスクールカウンセラーとして不登校やいじめの問題に関わりつつ、病院臨床においては適応障害や人格障害の患者への面接も行う。教育支援センターのスーパーバイザーも務める。不登校・いじめを中心とした児童生徒の問題を、教員とスクールカウンセラーの連携や家族療法、保護者面接の視点から検討する。子どもの外傷体験やいじめの問題をフォーカシング指向心理療法の立場から研究と実践も行っている。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。