近刊検索 デルタ

2018年3月9日発売

金子書房

ロールシャッハ法解説 名古屋大学式技法

名古屋大学式技法
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
名大法の実施から分析・解釈までの基礎的な方法と、理解しやすい実践例や資料(DeVos、植元、村上らの3論文)も収載した必携書。
目次
序章〈名古屋大学式技法〉設定への経過と特色

第Ⅰ章 実施方法
  1. 検査の場 (Test situation)
  ⑴ 検査室と検査用具
  ⑵ 実施前の留意点
  2. 自由反応段階 (Performance proper)
  ⑴ 教示 (instruction)
  ⑵ 励まし (Encouragement)
  3. 質疑段階 (Inquiry)
  ⑴ 質疑の意義
  ⑵ 質疑で明らかにすべき点
  ⑶ 質疑の仕方
  ⑷ 質疑についての注意
  4. 限界検査法 (Testing‐the‐limits)
  ⑴ 人間運動反応
  ⑵ 色彩反応
  ⑶ 陰影反応
  ⑷ 平凡反応
  5. イメージ・カード,検査の印象
  6. 反応記録の方法
  ⑴ 初発反応時間
  ⑵ 図版の位置
  ⑶ 反応終了時間
  ⑷ 具体的な反応
  ⑸ 態度・動作・表情
  ⑹ 一般的注意
  ⑺ 反応記録の具体例

第Ⅱ章 分類記号とその心理学的意味づけ
  1. 反応数・初発反応時間など
  ⑴ 定義
  ⑵ 整理の方法
  ⑶ 心理学的意味づけ 
  2. 反応領域 (Location)
  ⑴ 定義
  ⑵ 整理の方法
  ⑶ 把握型と継起型
  ⑷ 心理学的意味づけ 
  3. 決定因 (Determinants)
  ⑴ 定義
  ⑵ 整理の方法
  ⑶ 心理学的意味づけ
  4. 形態水準 (Form level)
  ⑴ 定義
  ⑵ 整理の方法
  ⑶ 心理学的意味づけ
  5. 反応内容 (Content)
  ⑴ 定義
  ⑵ 整理の方法
  ⑶ 心理学的意味づけ
  6. 平凡反応 (Popular response)
  7. 感情カテゴリー (Affective Symbolism)
  ⑴ 敵意感情 (Hostility)
  ⑵ 不安感情 (Anxiety)
  ⑶ 身体的関心 (Bodily preoccupation) 34
  ⑷ 依存感情 (Dependency)
  ⑸ 快適感情 (Positive feeling)
  ⑹ その他 (Miscellaneous)
  ⑺ 中性感情 (Neutral responses)
  ⑻ 整理の方法
  8. 思考・言語カテゴリー (Thinking Process and Communicating Style)
  ⑴ CONSTRICTIVE ATTITUDE
  ⑵ ABSTRACTION AND CARD IMPRESSION
  ⑶ DEFENSIVE ATTITUDE
  ⑷ OBSESSIVE AND CIRCUMSTANTIAL RESPONSE
  ⑸ FABULIZATION RESPONSE
  ⑹ ASSOCIATIVE DEBILITATION AND“ LABILE BEWUSSTSEINSLAGE”
  ⑺ REPETITION
  ⑻ ARBITRARY THINKING
  ⑼ AUTISTIC THINKING
  ⑽ PERSONAL RESPONSE AND EGO-BOUNDARY DISTURBANCE
  ⑾ VERBAL STRANGENESS
  ⑿ ASSOCIATION LOOSENESS
  ⒀ INAPPROPRIATE BEHAVIOR 
  9. 記録用紙への記載の仕方
 10.ロケーション・チャート

第Ⅲ章 分析と解釈
  1. 分析の視点
  ⑴ 形式分析
  ⑵ 継列分析
  ⑶ 反応内容の分析による視点
  2. 総合的解釈の視点
  ⑴ 知的機能の側面
  ⑵ 情緒的側面
  ⑶ 対人関係の側面
  ⑷ 全体的人物像の解釈

第Ⅳ章 実践
  1. 総 論
  ⑴ 心理アセスメントの流れ
  ⑵ 報告書の書き方
  ⑶ フィードバックの留意点
  2. 仮想事例の概要とロールシャッハ記録
  仮想事例A さんのロールシャッハ反応
  仮想事例A さんのロケーション図
  3. 事例の分析からフィードバックまで
  ⑴ 形式分析
  ⑵ 継列分析・内容分析
  ⑶ 事例の総合解釈
  ⑷ フィードバック

[資料]
 ◇ ロールシャッハ反応の標準化に関する研究
 ◇ Manual of Criteria for Scoring Affective Inferences
 ◇ ロールシャッハ・テストを媒介として,思考,言語表現,反応態度をとらえる分析枠の考案とその精神病理研究上の意義
著者略歴
名古屋ロールシャッハ研究会(ナゴヤロールシャッハケンキュウカイ nagoyaroorushahhakenkyuukai)
森田美弥子(モリタミヤコ moritamiyako)
加藤淑子(カトウトシコ katoutoshiko)
髙橋昇(タカハシノボル takahashinoboru)
髙橋靖恵(タカハシヤスエ takahashiyasue)
坪井裕子(ツボイヒロコ tsuboihiroko)
長瀬治之(ナガセハルユキ nagaseharuyuki)
畠垣智恵(ハタガキチエ hatagakichie)
山田勝(ヤマダマサル yamadamasaru)
タイトルヨミ
カナ:ロールシャッハホウカイセツ
ローマ字:roorushahhahoukaisetsu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

金子書房の既刊から
倉光修/監修 渡辺慶一郎/著・編集 川瀬英理/著 横山太範/著 綱島三恵/著 田中康雄/著 ほか
ナンシー・アーサー/編集 ロベルタ・ノート/編集 メアリー・マクマホン/編集 NPO法人日本キャリア・カウンセリング研究会/監修 ほか
加藤浩平/著・編集 柘植雅義/監修
梶田叡一/編集 日本人間教育学会/編集
もうすぐ発売(1週間以内)
共立出版:小泉義晴 千葉雅史 内田ヘルムート貴大 
フォト・パブリッシング:諸河久 寺本光照 
鳥影社:山上一 
集英社:深緑野分 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。