近刊検索 デルタ

2021年6月30日発売

金子書房

心理療法②(オンデマンド版)

臨床心理学大系
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
目次より

第Ⅰ章 心理療法学   西村良二・上里一郎
1節 心理療法について
2節 心理療法研究
3節 心理療法や心理療法研究の将来の方向

第Ⅱ章 自律訓練法   内山喜久雄
1節 自律訓練法
2節 標準練習
3節 黙想練習
4節 自律性諸技法
5節 自律訓練法の応用

第Ⅲ章 バイオフィードバック法   平井 久
序説
1節 バイオフィードバック法の概念
2節 バイオフィードバックの臨床応用
3節 症例研究
4節 症例計画法

第Ⅳ章 自己弛緩法   原野広太郎
1節 自己弛緩法とは
2節 弛緩リハーサル
3節 セルフコントロール訓練
4節 緊張⇔弛緩訓練

第Ⅴ章 ブリーフ・サイコセラピー   上地安昭
1節 心理療法の革新
2節 ブリーフ・サイコセラピーの理論
3節 ブリーフ・サイコセラピーの特徴
4節 ブリーフ・サイコセラピーの成果とその評価
5節 ブリーフ・サイコセラピーの発展的課題

第Ⅵ章 芸術・表現療法   山中康裕
1節 芸術・表現療法の歴史
2節 芸術・表現療法の実際

第Ⅶ章 体験過程療法とフォーカシング   村瀬孝雄・阿世賀浩一郎
1節 フォーカシング、あるいは体験過程療法(experiential therapy)とは
2節 フォーカシング促進的なリスニングとレスポンス
3節 トレーニング実施の手順
4節 フォーカシングの適用とその意味

第Ⅷ章 遊戯療法   村瀬嘉代子
1節 心理療法における遊戯の意味
2節 遊戯療法の基礎
3節 治療過程
4節 事例

第Ⅸ章 交流分析   杉田峰康
1節 自我状態とTAの概要
2節 構造分析
3節 交流パターン分析
交流パターン
4節 ゲーム分析      
5節 脚本分析
6節 交流分析の利点と限界

第Ⅹ章 エンカウンターグループ   村山正治
1節 エンカウンターグループ
2節 エンカウンターグループの沿革
3節 エンカウンターグループの動向
4節 方法
5節 ファシリテーター論
6節 エンカウンターグループのプロセス理論
7節 エンカウンターグループ体験の特質
8節 今後の発展の方向

第ⅩⅠ章 臨床心理学的地域援助   山本和郎
1節 臨床心理的地域援助の基礎的視点
2節 危機介入の理論と技法
3節 コンサルテーションの理論と実際

特論1 自由連想法再考   前田重治
1節 自由連想法とは 
2節 自由連想法の流れ
3節 分析家の機能
4節 わが国における自由連想法

特論2 動作法   大野清志
1節 動作訓練法の開発と動作
2節 脳性まひ児から障害児一般への展開と動作法
3節 行動変容の概略とまとめ
目次
刊行のことば

第Ⅰ章 心理療法学   西村良二・上里一郎
  1節 心理療法について
     1.心理療法とは何か
     2.患者について
     3.治療者について
  2節 心理療法研究
     1.心理療法研究への行動科学の適用
     2.治療結果の問題
     3.患者と診断の問題
     4.技法の問題
     5.治療者のパーソナリティ
     6.治療同盟
     7.臨床研究の方法論の発達
  3節 心理療法や心理療法研究の将来の方向
     1.治療成果の問題
     2.悪化の問題
     3.技法対非特異的要因
     4.診断の問題
     5.問題への技法の連結
     6.心理療法のニーズの高まりと社会の関心
     7.実践的な治療の要求
     8.むすび
第Ⅱ章 自律訓練法   内山喜久雄
  1節 自律訓練法
     1.自律訓練法の意味
     2.自律訓練法の諸アプローチの構成
     3.自律訓練法の成立と特質
     4.自律訓練法の目標
  2節 標準練習
     1.準備段階
     2.受動的注意集中
     3.進め方
     4.実施上の注意
     5.標準練習公式
  3節 黙想練習
  4節 自律性諸技法
     1.自律性変容
     2.自律性中和
     3.自律行動療法
     4.自律性バイオフィードバック訓練法
  5節 自律訓練法の応用
     1.心理・教育領域
     2.スポーツ領域
     3.産業領域
第Ⅲ章 バイオフィードバック法   平井 久
  序説
  1節 バイオフィードバック法の概念
  2節 バイオフィードバックの臨床応用
     1.適用と限界
     2.具体的手技および注意点
  3節 症例研究
     1.痙性斜頸
     2.スモン病
  4節 症例計画法
第Ⅳ章 自己弛緩法   原野広太郎
  1節 自己弛緩法とは
     1.自己治療
     2.心の悩みと姿勢
     3.4つの訓練
  2節 弛緩リハーサル
     1.肩甲骨あわせ
     2.首弛緩
     3.緊張肩回し
  3節 セルフコントロール訓練
     1.片腕斜め上げ→ひじ弛緩
     2.両腕斜め上げ→両ひじ弛緩→両肩弛緩
     3.両腕水平伸ばし→ひじ弛緩
  4節 緊張⇔弛緩訓練
     1.両ひざ密着→両手ももの上密着→両腕で胴締め→上半身弛緩
     2.全身緊張→背もたれ→全身弛緩
第Ⅴ章 ブリーフ・サイコセラピー   上地安昭
  1節 心理療法の革新
     1.ブリーフ・サイコセラピーの定義
     2.ブリーフ・サイコセラピーの最近の動向
     3.ブリーフ・サイコセラピーへの関心とその背景
  2節 ブリーフ・サイコセラピーの理論
     1.フロイトの短期精神分析例
     2.フェレンツィとランクの積極的療法
     3.アレキサンダーとフレンチの短縮型精神分析的心理療法
     4.ベラックとスモールの緊急ブリーフ・サイコセラピー
     5.ウォールバーグの短期心理療法
     6.パリントー派とマーランの焦点心理療法
     7.シフネオスの不安喚起療法
     8.マンの時間制限心理療法
  3節 ブリーフ・サイコセラピーの特徴
     1.治療技法の特徴
     2.患者選択の基準
     3.治療過程に伴う治療者の役割
  4節 ブリーフ・サイコセラピーの成果とその評価
     1.ブリーフ・サイコセラピーの効果
     2.青年期患者に対する時間制限心理療法の治療結果
     3.症例
  5節 ブリーフ・サイコセラピーの発展的課題
     1.心理療法における時間の問題
     2.わが国におけるブリーフ・サイコセラピーの発展的課題
第Ⅵ章 芸術・表現療法   山中康裕
  はじめに
  1節 芸術・表現療法の歴史
     1.表現病理学的な先駆
     2.真の意味の芸術療法の出現
  2節 芸術・表現療法の実際
     1.絵画療法
     2.詩歌療法
     3.音楽療法
     4.写真療法
第Ⅶ章 体験過程療法とフォーカシング   村瀬孝雄・阿世賀浩一郎
  1節 フォーカシング、あるいは体験過程療法(experiential therapy)とは
     1.心理療法の成功と焦点づけ
     2.心理療法のための技法体系としてのフォーカシング
  2節 フォーカシング促進的なリスニングとレスポンス
  3節 トレーニング実施の手順
  4節 フォーカシングの適用とその意味
     1.sub-chlinicalなレヴェルでの適用
     2.心理療法・カウンセリング場面への適用
     3.臨床家自身のフォーカシング体験の意味
第Ⅷ章 遊戯療法   村瀬嘉代子
  はじめに
  1節 心理療法における遊戯の意味
  2節 遊戯療法の基礎
     1.理論・技論・治療構造
     2.対象と見立て
     3.場所・遊具・技法
  3節 治療過程
     1.治療開始にあたって
     2.経過
     3.遊戯療法過程における留意
     4.子どもの状態像に応じたかかわり方
  4節 事例
     1.導入期(2週間、2回)
     2.中間期(約1年2ヵ月、22回)―人や物へ感情移入し、表現力を伸ばし、外界で足場づくりをする
     3.終結期(約5ヶ月、3回)
     4.この事例によって照射される遊戯療法の本質
  おわりに
第Ⅸ章 交流分析   杉田峰康
  はじめに
  1節 自我状態とTAの概要
     1.自我状態
     2.TAの概要
  2節 構造分析
     1.自我状態の診断
     2.エゴグラム
  3節 交流パターン分析
     交流パターン
  4節 ゲーム分析
     1.心理的ゲーム
     2.ゲームの形式
  5節 脚本分析
     1.脚本とは
     2.脚本分析の実態
  6節 交流分析の利点と限界
第Ⅹ章 エンカウンターグループ   村山正治
  1節 エンカウンターグループ
  2節 エンカウンターグループの沿革
     1.起源と源流
     2.臨床心理学的方法と社会心理学的方法の合流
  3節 エンカウンターグループの動向
     1.世界の動向
     2.日本の動向
  4節 方法
  5節 ファシリテーター論
  6節 エンカウンターグループのプロセス理論
  7節 エンカウンターグループ体験の特質
  8節 今後の発展の方向
     1.サポートシステムとしての発展
     2.ファシリテーター養育・訓練
     3.心理的損傷をめぐる問題
     4.精神病圏・境界線圏の参加者の問題
     5.重要な方向
第ⅩⅠ章 臨床心理学的地域援助   山本和郎
  1節 臨床心理的地域援助の基礎的視点
  2節 危機介入の理論と技法
     1.危機介入とは
     2.危機理論
     3.危機介入の方法
  3節 コンサルテーションの理論と実際
     1.コンサルテーションの基礎姿勢と意義
     2.コンサルテーションの概念規定と基本特性
     3.コンサルテーションおよびコンサルタントの機能
     4.コンサルテーション関係の展開と過程
特論1 自由連想法再考   前田重治
  1節 自由連想法とは 
     1.「合弁事業」
     2.「分析家の連想を頼りに」
     3.「連想の連続性を増進」
     4.「連想の自由性を拡げる」
  2節 自由連想法の流れ
     1.抵抗の分析
     2.転移の分析
     3.徹底操作
  3節 分析家の機能
  4節 わが国における自由連想法
特論2 動作法   大野清志
  1節 動作訓練法の開発と動作
     1.臨床心理学と『からだ』
     2.脳性まひ児の不自由
     3.身体運動と動作
     4.動作の阻害要因としての不当緊張
     5.不自由の改善に関する試み
     6.自己弛緩と適度緊張の援助技法
     7.動作訓練法の進め方
     8.動作訓練法の構成
  2節 脳性まひ児から障害児一般への展開と動作法
     1.動作法の内容
     2.動作法の実施の仕方
  3節 行動変容の概略とまとめ

 人名・事項索引
 執筆者紹介
著者略歴
上里一郎(アガリイチロウ agariichirou)
鑪幹八郎(タタラミキハチロウ tataramikihachirou)
前田重治(マエダシゲハル maedashigeharu)
タイトルヨミ
カナ:シンリリョウホウ
ローマ字:shinriryouhou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

金子書房の既刊から
中原道喜/著
中原道喜/著
中原道喜/著
小川捷之/編集 詫摩武俊/編集 三好暁光/編集
岡田康伸/編集 鑪幹八郎/編集 鶴光代/編集
河合隼雄/編集 福島章/編集 星野命/編集
もうすぐ発売(1週間以内)
医薬経済社:吉成河法吏 安江博 
代々木ライブラリー:妹尾真則 
彩流社:皆神山すさ 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。