近刊検索 デルタ

2022年7月6日発売

かんき出版

出版社名ヨミ:カンキシュッパン

マッスルエリート養成バイブル

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
全米ベスト&ロングセラーの自重筋トレ本、ついに日本上陸。

米軍の特殊作戦トレーニングスペシャリストとして、
空軍特殊作戦部隊、グリーンベレー、ネイビーシールズなどで1000人近くのエリート兵士を育て上げたマーク・ローレンによるトレーニングプログラムだ。

プログラムの特徴は、
「ぜい肉をしぼって、機能的に動く体をできるだけ早く構築すること」。

特殊作戦に耐えうる、強さ、持久力、バランス、柔軟性、スピード、筋肉の協働力を備えたエリートレベルの体を効率的につくるためのものであり、当初は軍人用につくられたプログラムだった。それをどのようなフィットネスレベルにある人でも(学校卒業以来、運動したことがない人でも)使えるようアレンジ!

また、筋力だけでなく、心臓、肺などの心肺機能を向上させる要素もある。そのため、ウェイトリフティングよりも代謝効率がいい筋肉が手に入る一方で、エアロビクスよりも脂肪を燃焼させるプログラムになっており、ダイエット効果抜群のトレーニング法でもある。ただ痩せるだけではなく、引き締まった体にできることで、自分自身の身体能力を最大限向上させる最強の1冊である。

【プログラムの概要】
首から足首までのすべての筋肉を動かす125のエクササイズがあり、自分のフィットネスレベルに合わせてベーシック、ファーストクラス、マスタークラス、チーフクラスから選択できる10週間プログラム。高強度のエクササイズと低強度のエクササイズを交互に行うインターバルベースのトレーニングシステムを構築。
1日30分、週4回のエクササイズで迅速な結果が得られる。
目次
Chapter1 あなたに与えるミッション
〜脂肪を削ぎ落とす、筋力を最大化する、自分の体に自信を持つ
Chapter2 私の履歴書
Chapter3 なぜ、体重を使ったエクササイズなのか?
Chapter4 なぜ、有酸素運動は時間の無駄なのか?
Chapter5 ところで、フィットネスとは何か?
Chapter6 筋力トレーニングの神話
Chapter7 モチベーションをいかに保つか?
Chapter8 限界を目指す「強度」のつけ方
Chapter9 トレーニングツール
Chapter10 エクササイズ・バイブル125
Chapter11 自分に合ったプログラムを見つける
著者略歴
マーク・ローレン(マーク ローレン maaku rooren)
◉──1972年アメリカ生まれ。米軍の特殊作戦トレーニングスペシャリストとして、自重を使ったトレーニング法を考案。空軍特殊作戦部隊、グリーンベレー、ネイビーシールズなどで1000人近くのエリート兵士を育て上げた。 著者ウェブサイト www.marklauren
ジョシュア・クラーク(ジョシュア クラーク joshua kuraaku)
◉──認定パーソナルトレーナーとしてフィットネスセンターで指導しながら、多くの新聞や雑誌に寄稿している。
山田 雅久(ヤマダ マサヒサ yamada masahisa)
◉──翻訳家。主な著書に『脳を老化させない食べ物』(主婦と生活社)、訳書に『圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ プリズナートレーニング』『ストリートワークアウト 圧倒的なパフォーマンスで魅せる究極のエクササイズ200』(CCCメディアハウス)がある。
タイトルヨミ
カナ:マッスルエリートヨウセイバイブル
ローマ字:massurueriitoyouseibaiburu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
ザ・殺人術
人の殺し方を本にしていいのか

-- 広告 -- AD --

かんき出版の既刊から
マーク・ローレン/著 ジョシュア・クラーク/著 山田雅久/翻訳
オリバー・バークマン/著 高橋璃子/翻訳
チョン・ハンギョン/著 黒河星子/翻訳
和田裕美/著 佐藤尚之/監修
もうすぐ発売(1週間以内)
河出書房新社:米本浩二 
SBクリエイティブ:千羽十訊 ミュシャ 
牧歌舎:飯田廣恒 
信山社出版:佐藤裁也 
KADOKAWA:七星ドミノ 縞 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。