近刊検索 デルタ

2021年7月5日発売

学芸出版社

WORKSIGHT 2011-2021

Way of Work, Spaces for Work
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
2010年代、世界のオフィス空間をグローバル企業からベンチャーまで33事例で振返る。企業文化の表現として、またはスマート化やコーワーキングが誘発するイノベーションスペース、或いは働き手自身が働き方を決めるウェルビーイングの価値観、都心に拘束されないパンデミック後の変化まで。未来のスタンダードを予見させる大著。
目次
Prologue ワークプレイスの都市化/都市のワークプレイス化(本誌編集長 山下正太郎)
WORKSIGHTが訪れた場所
WORKSIGHTとこの10年に起きたこと

■Chapter 1 Culture
Introduction to“Culture” カルチャーをめぐる冒険
McDonald’s
Kickstarter
Vice
Zappos.com
Slack
Square
NHN
ワークプレイスを読み解くタイポロジー(類型学)
Opinion [Past Decade / Next Decade] その後の未来─オフィスデザインの終わり(そして始まり)/Primo Orpilla

■Chapter 2  Innovation
Introduction to“Innovation” 新しいガレージはどこ?
SAP
Microsoft
Aalto University Design Factory
Deutsche Telekom
d.school
Ziba
Opinion [Past Decade / Next Decade]オフィスとワークスタイルの展望:2011-2030
/Jeremy Myerson

■Chapter 3  ABW
Introduction to“ABW” 分散化した先のつながり
Sky
Medibank
National Australia Bank
GSK
Essent
Opinion [Past Decade / Next Decade]仕事の未来/Lynda Gratton

■Chapter 4  Community
Introduction to“Community” スタートについたコミュニティ
SPACE10
B.Amsterdam
betahaus
Seats2 meet.com
CIT
Opinion [Past Decade / Next Decade] 求められる「場」の構想力/紺野登

■Chapter 5  Smart
Introduction to“Smart” テクノロジーに使われないために
CBA
The Edge
Edge Olympic Amsterdam

■Chapter 6  Wellbeing
Introduction to“Wellbeing” 肉体から精神へ
Paramount House
Aurecon
CIRCL
Innocent Drinks
Opinion [Past Decade / Next Decade] 投票に行くより働こう/若林恵

■Chapter 7  Precinct
Introduction to“Precinct” 都市を取り戻す
Superblocks
Industry City
NDSM

Staff Credit
Epilogue ワークスタイルの民主化(本誌編集長 山下正太郎)
著者略歴
山下 正太郎(ヤマシタ ショウタロウ yamashita shoutarou)
ワークスタイル研究所 所長/『WORKSIGHT』 編集長 コクヨ株式会社に入社後、戦略的ワークスタイル実現のためのコンサルティング業務に従事。手がけた複数の企業が「日経ニューオフィス賞(経済産業大臣賞、クリエイティブオフィス賞など)」を受賞。2011年、グローバルでの働き方とオフィス環境のメディア『WORKSIGHT』を創刊。同年、未来の働き方を考える研究機関「WORKSIGHT LAB.(現ワークスタイル研究所)」を立上げる。2016〜2017年、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート ヘレン・ハムリン・センター・フォー・デザイン 客員研究員、2019年より、京都工芸繊維大学 特任准教授を兼任。2020年、パーソナルプロジェクトとして、グローバルでの働き方の動向を伝えるキュレーションニュースレター『MeThreee』創刊。
金森 裕樹(カナモリ ユウキ kanamori yuuki)
ワークスタイル研究所 リサーチコーディネーター/『WORKSIGHT』副編集長 営業、マーケティング部門を経て2012年より現職。働くしくみと空間をつくるマガジンWORSIGHT(ワークサイト)の編集を担当し、海外の先端ワークプレイスのリサーチを担当する。ワークサイトの取材で得られた知見やトレンドを発信するセミナーをシンガポール・バンコク・クアラルンプールなどアジア7都市にて定期的に実施。2019年にワークプレイス・コンサルティングを専門で教えるIE School of Architecture & Designの修士課程を修了。「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略」の著者、リンダ・グラットン教授が組織するグローバル企業の働き方研究会 Future of Workコンソーシアムに参画。海外の研究機関や企業と多数の接点を持つ。
コクヨ株式会社(コクヨカブシキガイシャ kokuyokabushikigaisha)
ワークスタイル研究所(ワークスタイルケンキュウジョ waakusutairukenkyuujo)
田中 康寛(タナカ ヤスヒロ tanaka yasuhiro)
タイトルヨミ
カナ:ワークサイトニセンジュウイチニセンニジュウイチ
ローマ字:waakusaitonisenjuuichinisennijuuichi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

学芸出版社の既刊から
岡部明子/著 鈴木亮平/著 山道拓人/著 猪熊純/著 小川さやか/著 前田昌弘/著 ほか
大内田鶴子/著・編集 鯵坂学/著・編集 玉野和志/著・編集 廣田有里/著 齊藤麻人/著 ほか
櫻井美穂子/著
西日本工業大学石垣充研究室+つくりもの/著・編集 九州産業大学ABC建築道場+矢作昌生/著・編集

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。