近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
私たちはいつまで「できること」を証明し続けなければならないのか?

絶え間ない能力の発揮と成果を求められる現代社会。
「主体性」を祭り上げ、人々が互いにせめぎ合い、自己さえ搾取せざるを得ない社会構造。この現代の病理を特異な感性から解き明かし、「創造性」「和解」をもたらす新たな「疲労」のかたち――「なにもしない」ことの可能性を探る。

倦み疲れ、燃え尽きる現代社会への哲学的治療の試み

ドイツ観念論から出発し、現代思想界の先端を走るビョンチョル・ハン、その代表作にしてヨーロッパ20カ国以上で刊行されたベストセラー、待望の邦訳
目次
■ 疲れたプロメテウス
■ 精神的暴力
■ 規律(ディシプリン)社会の彼岸
■ 深い退屈
■ 活動的な生
■ 見ることの教育学
■ バートルビーの場合
■ 疲労社会
■ 燃え尽き症(バーンアウト)社会
■ 訳者あとがきに代えて
著者略歴
ビョンチョル・ハン(ビョンチョルハン byonchoruhan)
ビョンチョル・ハン(Byung-Chul Han) 1959年韓国生まれ。ドイツ在住。1994年にハイデガー研究で博士号を、2000年にバーゼル大学に提出した論文で大学教授資格を取得。バーゼル大学私講師、カールスルーエ造形大学教授を経て、2012年から2017年までベルリン芸術大学教授。著書にTopologie der Gewalt(Matthes & Seitz, 2011)、Transparenzgesellschaft(Matthes & Seitz, 2012)、Psychopolitik: Neoliberalismus und die neuen Machttechniken(S. Fischer Verlag, 2014)、Palliativgesellschaft. Schmerz heute(Matthes & Seitz, 2020)、Undinge. Umbrüche der Lebenswelt(Ullstein, 2021)ほか。
横山 陸(ヨコヤマリク yokoyamariku)
横山 陸(よこやま りく) 1983年生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。博士(社会学)。現在、中央大学総合政策学部准教授。主な著作・翻訳に「マックス・シェーラーにおける「感情の哲学」」(『現象学年報』第33号、2017年)、Selbstgebung und Selbstgegebenheit(共著、Karl Alber、2018年)、ディーター・ビルンバッハー『生命倫理学』(共訳、法政大学出版局、2018年)など。
タイトルヨミ
カナ:ヒロウシャカイ
ローマ字:hiroushakai

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

花伝社の既刊から
エリーザ・マチェッラーリ/著 栗原俊秀/翻訳
ウィリアム・I・ロビンソン/著 松下冽/監修・翻訳 太田和宏/翻訳 岩佐卓也/翻訳 ほか
ビョンチョル・ハン/著 守博紀/翻訳
ビョンチョル・ハン/著 横山陸/翻訳
ビョンチョル・ハン 最近の著作
もうすぐ発売(1週間以内)
近刊:ランダム

>> もっと見る

新着:ランダム(5日以内)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。