近刊検索 デルタ

2022年7月22日発売

教文館

出版社名ヨミ:キョウブンカン

微笑みは永遠に

日本とロシアを愛したニコライ・ドミートリエフ神父
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
桜木紫乃氏・佐藤 優氏 推薦!
ソ連共産党政権時代にレニングラード神学校で出会った日本人女性と結婚、ペレストロイカ、ソ連崩壊を経て、日本へ移住したニコライ・ドミートリエフ。宣教師ニコライ以来のロシア人「ニコライ神父さん」として函館ハリストス正教会で愛され、宗教の枠を超え日露の文化交流に尽力するも59 歳で逝去した。その生涯をあたたかなユーモアを交えて描くエッセイ。巻末に、30頁で読める通史「ロシアとロシア正教会」を収録‼
目次
第1章 祖国にて
第2章 日本へ
第3章 東京、神戸
第4章 函館
この本をお読みくださる方への手引き
――ロシアとロシア正教会
著者略歴
スヴェトラーナ山崎ひとみ(スヴェトラーナヤマザキヒトミ svetlana yamazak hitomi)
長野県生まれ。1984 年上智大学外国語学部ロシア語学科卒業。対ソ専門商社勤務を経て、ロシア正教会レニングラード(現サンクトペテルブルク)神学アカデミーへ留学、1988 年同アカデミー附属聖歌指揮科卒業。1990 年モスクワにてニコライ・ドミートリエフと結婚。現在、ロシア語通訳協会会員。ロシア語通訳・翻訳者、エッセイストとして活動中。 著訳書 ニコライ・ドミートリエフ著『ロシア人・日本人――きっとわかりあえる 黒猫が怖いニコライ神父のハートフルエッセイ』(ボロンテ、2001 年)、函館ハリストス正教会史編集委員会編『函館ハリストス正教会史』(共著、函館ハリストス正教会、2011 年)
タイトルヨミ
カナ:ホホエミハトワニ
ローマ字:hohoemihatowani

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
緑の書 リビアのカダフィ大佐の理論
2011年10月20日、カダフィ大佐は殺された

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:鈴木ゴータ 
興陽館:TBSラジオ 鶴間政行 
講談社:西條奈加 
小学館:堂場瞬一 
原書房:高尾栄司 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。