近刊検索 デルタ

2019年8月8日発売

グラフィック社

ソビエトデザイン 1950−1989

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
閉ざされた共産主義国家で育まれたデザイン350点

第二次世界大戦後から冷戦終結まで(1950-1989年)の間にうまれたソビエトのデザイン350点を、モスクワデザインミュージアムの所蔵品から厳選。
当時のソビエト共産主義に基づく生活模様が垣間見られる。
目次
はじめに/ソビエトのデザイン/市民生活(一般市民の生活に根付いたグッズやデザイン)/国家(国家にコントロールされたデザイン)/世界に向けて(ソビエトを西洋国際社会に匹敵する地位に押し上げたデザイン)/デザイナー略歴/インデックス
著者略歴
グラフィック社(グラフィックシャ gurafikkusha)
石田 亜矢子(イシダ アヤコ ishida ayako)
早稲田大学教育学部国語国文科卒。 読売新聞社(英字新聞)に勤務したのち、アートとデザイン専門のフリーランスライターに転向。 現在、主にアート及びデザイン本の翻訳を手がけている。
タイトルヨミ
カナ:ソビエトデザイン センキュウヒャクゴジュウ カラ センキュウヒャクハチジュウキュウ
ローマ字:sobietodezain senkyuuhyakugojuu kara senkyuuhyakuhachijuukyuu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

グラフィック社の既刊から
『デザインのひきだし』編集部/編集
ロベール・ランブリー/著 和田侑子/翻訳
グラフィック社編集部/編集
近刊:ランダム

>> もっと見る

新着:ランダム(5日以内)

>> もっと見る


連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。