近刊検索 デルタ

2019年9月20日発売

慶應義塾大学出版会

日本の東南アジア援助政策

日本型ODAの形成
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
日本型ODAの戦略とは何だったのか?

第二次世界大戦後の賠償から生まれ、東西冷戦を背景に
日本の経済復興と東南アジアの開発が結びついた過程と、
「日本型ODA」の特徴が生まれた背景およびその戦略を探る。
目次
序 章 黎明期の日本のODAはどのような存在だったのか

第一章 現地産業の育成支援開始

第二章 賠償の援助化と資本財賠償の導入

第三章 輸出振興と資源確保を支えた輸銀の開発援助

第四章 アジアの経済インフラ建設を支援した円借款

第五章 「東南アジア開発援助政策」と「日本型ODA」を超えて

終 章 戦後復興とアジアの経済建設のために
著者略歴
大海渡 桂子(オオカイド ケイコ ookaido keiko)
上智大学国際部大学院・経営管理学修士(MBA)、 慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程修了(政治学専攻)、博士(法学)。 世界銀行(工業局)フィナンシャル・アナリスト、海外経済協力基金(現国際協力機構) 債権管理部長、国連アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP)事務局次長等を歴任。
タイトルヨミ
カナ:ニホンノトウナンアジアエンジョセイサク
ローマ字:nihonnotounanajiaenjoseisaku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

慶應義塾大学出版会の既刊から
永井荷風/著 持田叙子/編著 髙柳克弘/編著
岩間一弘/編著
本日のピックアップ
朝倉書店:高原文郎 家正則 小玉英雄 高橋忠幸 
日本法令:税理士法人タクトコンサルティング ほがらか信託株式会社 
近刊:ランダム

>> もっと見る

新着:ランダム(5日以内)

>> もっと見る


連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。