近刊検索 デルタ

2020年4月7日発売

慶應義塾大学出版会

理性という狂気

G・バタイユから現代世界の倫理へ
慶應義塾大学教養研究センター選書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
▼私たちは理性を信頼してよいのか?
▼バタイユの思想から現代世界の倫理を考える。

20世紀フランスの最も重要な思想家の一人である、ジョルジュ・バタイユの思索を手がかりに、「理性への無条件な信頼」に警鐘を鳴らす。第二次世界大戦の経験をふまえたバタイユの思想の変化を辿り、ハンナ・アーレントやジャン=ピエール・デュピュイも参照しながら、「理性の暴走・狂気」を見据えた「倫理」の模索を提唱する。
目次
はじめに  私たちは「理性」を信頼してよいか

第一章 理性の鎖を解き放つために
 第一節 実存と社会の変革――上下の「逆転」のダイナミズム
 第二節 ファシズムとの対決と、その利用?
 第三節 「悲劇」の世界の再現を目指して――「社会学研究会」と「ア
 セファル」

第二章 第二次世界大戦と「瞬間の倫理」
 第一節 世界大戦の経験と新たなニーチェ解釈
 第二節 広島の悲惨から「瞬間の倫理」へ
 第三節 来るべき破局の回避に向けて―「全般経済学」の視点

第三章 理性の暴走に備えよ
 第一節 出発点としてのバタイユ
 第二節 H・アーレント――「悪の陳腐さ」と合理性の追求
 第三節 J=P・デュピュイ――悪の自然化と倫理

 おわりに  「正しさ」を制御するために――温暖化とAIの時代の倫
 理

 文献案内
 図版出典一覧
著者略歴
石川 学(イシカワ マナブ ishikawa manabu)
慶應義塾大学商学部専任講師。2014年東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程修了。博士(学術)。東京大学大学院博士課程教育リーディングプログラム「多文化共生・統合人間学プログラム」(IHS)特任助教等を経て、2019年より現職。専門はフランス文学、フランス思想。単著:『ジョルジュ・バタイユ 行動の論理と文学』(東京大学出版会、2018年)。主要訳書:ドゥニ・オリエ『ジョルジュ・バタイユの反建築 コンコルド広場占拠』(共訳、水声社、2015年)。
タイトルヨミ
カナ:リセイトイウキョウキ
ローマ字:riseitoiukyouki

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

慶應義塾大学出版会の既刊から
ティモシー・スナイダー/著 池田年穂/訳
ピーター・テミン/著 栗林寛幸/訳 猪木武徳/解説

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。