近刊検索 デルタ

2022年5月18日発売

慶應義塾大学出版会

出版社名ヨミ:ケイオウギジュクダイガクシュッパンカイ

デンマークのシティズンシップ教育

ユースカウンシルにおける若者の政治参加
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
政治参加を実現していく若者の育成がここにある
デンマークの若者が政治参加のベースとしての対話と政策提言の発信方法を学ぶ過程を明示し、これからの日本の若者の政治参加の可能性や課題を提言する。

デンマークにおいて、対話型民主主義は学校教育や学校外教育、生涯教育における基本理念となっており、人々は対話の理念やスキルを幼いころからその後の人生まで継続して学ぶ。本書では、地方自治への参加という意味での若者の「政治参加」に焦点を当て、デンマークのユースカウンシルの事例を通して地方自治体との協働や若者の政治参加の課題に迫る。

18歳成人となったいま、これからの若者の政治参加は、真剣に取り組むべき課題である。
本書は、他者の意見を聞き、議論をし、協議によって打開策を大人社会にむけて提言できる若者を育てるには、大人の支援が必要であることを示唆している。日本での取り組みの大きなヒントとなる書である。
目次
主要訳出語一覧
まえがき

序章 若者の政治参加の課題
 1.本書の目的と主題
 2.各国のユースカウンシルの歴史
 3.デンマークのユースカウンシルの特徴
 4.政治参加とは:政治参加の意味
 5.シティズンシップと政治参加
 6.先行研究の検討
 7.本書での展開:議会制民主主義の課題を乗り越える道筋を探る
 8.本書における3つの問い
 9.分析枠組み
 10.本書の構成

 第Ⅰ部 デンマークの歴史・思想・教育とユースカウンシルの概要
第1章 デンマークの民主主義を支える思想――グルントヴィとハル・コック
 はじめに
 1.グルントヴィの民衆啓蒙:19世紀半ば以降
 2.コックの民主主義思想:「生活形式の民主主義」
 3.対話型民主主義と共同市民性
 おわりに

第2章 デンマークの学校教育
 はじめに
 1.現在の学校教育制度
 2.伝統と変化の間で
 おわりに

第3章 デンマークの若者団体とユースカウンシル
 はじめに
 1.民衆教育の誕生からDUFへ
 2.DUFの理念、組織構造、活動
 3.ユースカウンシルの基本情報
 4.パイロット調査の概要
 おわりに

第4章 ユースカウンシルの歴史的展開――1980年代以降の政策提言と地方自治体の取り組み
 はじめに
 1.研究の方法と先行研究の検討
 2.1980年代のユースカウンシルの設立と展開
 3.1990年代の若者の参加をめぐる状況
 4.継続するユースカウンシルの仕組みを探る
 おわりに

 第Ⅱ部 3市におけるユースカウンシルの調査から
第5章 事例研究の方法と分析枠組み
 はじめに
 1.アソシエーションへの若者の参加の変容
 2.「新しい政治参加」と政治的アイデンティティ
 3.権利主体としての「参加」の保障と、民主主義の学習
 4.事例の抽出にあたって
 おわりに

第6章 伝統型:「生活形式」の伝統の継承――バレロップ市のユースカウンシル
 はじめに
 1.新しい若者の政治参加
 2.バレロップ・ユースカウンシルの活動
 3.バレロップ・ユースカウンシルにおける政治参加
 おわりに

第7章 ソーシャルメディア型:フェイスブックを介した「生活形式」――グロストロップ市のユースカウンシル
 はじめに
 1.グロストロップ・ユースカウンシルの理念と活動、参加する若者層
 2.フェイスブックでのコミュニケーションと政治的アイデンティティ
 3.職員の支援
 おわりに

第8章 議会型:議会制と「生活形式」の折衷――オーフス市の「子ども・若者議会」
 はじめに
 1.議会型ユースカウンシルの課題:先行研究から
 2.オーフス市「子ども・若者議会」の概要
 3.バックグラウンドグループの役割
 4.政治参加を促す要因
 おわりに

終章 多様な若者の政治参加の可能性
 はじめに
 1.ユースカウンシルの歴史的展開と見出された課題
 2.エリート主義ではない多様な若者の政治参加――課題への挑戦
 3.多様な若者の政治参加を支える民主主義
 4.まとめ
 おわりに――残された課題

あとがき
引用・参照文献
索引
著者略歴
原田 亜紀子(ハラダ アキコ harada akiko)
広島大学教育開発国際協力センター研究員。博士(教育学)。 1971年東京生まれ。1996年東京学芸大学大学院教育学研究科修了(修士)、同年慶應義塾高校非常勤講師、1997~2022年慶應義塾高校教諭(社会科・公民分野)、2022年4月より現職。 2019年東京大学大学院教育学研究科学校教育高度化専攻博士課程修了。2002~2004年デンマーク・コペンハーゲン大学客員研究員。 主著に『デンマークのユーザー・デモクラシー』(共著、新評論、2005年)、「デンマークの若者の「民主主義の学校」での主体形成に関する考察」(『社会教育学研究』53(1)、2017年)、『北欧の教育最前線』(共著、明石書店、2021年)など。
タイトルヨミ
カナ:デンマークノシティズンシップキョウイク
ローマ字:denmaakunoshitizunshippukyouiku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

-- 広告 -- AD --

慶應義塾大学出版会の既刊から
もうすぐ発売(1週間以内)
学 文 社 (GAKUBUNSHA):三上真寛 
ブティック社:シンゴルフプリンセス 
みらいパブリッシング:佐々木文彦 
五月書房新社:佐藤章 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。