近刊検索 デルタ

2022年8月4日発売

慶應義塾大学出版会

出版社名ヨミ:ケイオウギジュクダイガクシュッパンカイ

<サラリーマン>のメディア史

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
▼大衆化 と 差異化…。「普通の人々」の昭和・平成を描く。
▼「サラリーマン」という戦後の成人男性の典型的な表象が揺らぎつつある昨今。
昭和・平成の映画、雑誌、ドラマ、漫画など…サラリーマンがサラリーマンをまなざすメディアの分析を通じ、大衆化と差異化という視点から、日本社会を支える〈普通の人々〉の通史を描く。
▼我らしがない「サラリーマン」なのか?

「サラリーマン」という言葉を聞いた時に、皆さんは何をイメージするだろうか。
やや古い響きがあるかもしれない。現在であれば、ビジネスパーソンや会社員と言った方が一般的だろう。
それでも本書は、あえて「サラリーマン」という言葉を使っている。
なぜならば、「サラリーマン」という言葉が、戦後日本社会において典型的な成人男性を表象するイメージとして定着していたからである。
「サラリーマン」という言葉に違和感があるのであれば、適宜、ビジネスパーソンや会社員と読み替えてもらってもかまわない。
本書はスーツを着て職場に毎朝通勤し、仕事をする…このような、日本社会を支える多くの人のメディア史を描くものである。
目次
まえがき

1章 なぜ「『サラリーマン』のメディア史」か
 1 「サラリーマン」が「サラリーマン」をまなざす/2 本書の方法
 論/3 本書で扱う史資料/4 本書の構成

2章 戦前期における職員層とは何者だったのか――「サラリーマン」のメディア史序論
 1 戦前期の「サラリーマン」/2 しがない「サラリーマン」として
 の職員層/3 「知識人」としての職員層/4 「消費者」としての職
 員層/5 戦前期における職員層の複眼的な理解に向けて

3章 1950年代及び60年代におけるサラリーマンイメージの変容過程――東宝サラリーマン映画を題材として
 1 大衆化された「サラリーマン」/2 東宝サラリーマン映画を研究
 する/3 『三等重役』及び「社長シリーズ」――〈出世主義〉と〈家
 族主義〉/4 『ニッポン無責任時代』及び「日本一シリーズ」――
 〈能力主義〉との関連/5 「サラリーマン」の大衆化

4章 「サラリーマン」と雑誌――1980年代における「知」の変容
 1 「サラリーマン」と雑誌/2 戦前から高度経済成長期―教養主義
 の名残/3 1980年代における知の編成の変容――『BIG tomorro
 w』について/4 1980年代のサラリーマンを取り巻く競争環境/
 5 1990年代以降の動向/6 「出世」と「処世術」

5章 「サラリーマン」を支えた上昇アスピレーション――1980年代以降のビジネス雑誌
 1 立身出世主義は終焉したのか/2 調査対象資料――『BIG tomo
 rrow』と『プレジデント』について/3 1980年代――年齢層によっ
 て異なる在り様/4 1990年代――方針転換に向けて/5 2000年代
 ――『BIG tomorrow』の衰退と『プレジデント』の成功/6 修養主
 義と心理主義

6章 処世術言説は、誰がどのように読んでいるのか
 1 「こんなの、真面目に読んでる人いるの?」に応えるために/
 2 誰がどれくらい読んでいるのか/3 どのように読まれている
 のか―読みの両義性/4 「肯定的な読み」に関連する要因――自
 己確認の参照点としてのアドバイス記事/5 「学習メディア」と
 しての処世術言説

7章 メディア史の中の『課長 島耕作』と『半沢直樹』
 1 『課長 島耕作』と「サラリーマンの時代」/2 『半沢直樹』に
 おけるリアリティの不在

8章 「サラリーマン」のメディア史における「大衆化」と「差異化」の過程
 1 本書の結論/2 本書の意義

あとがき/初出一覧/参考文献/索 引
著者略歴
谷原 吏(タニハラ ツカサ tanihara tsukasa)
1986年生まれ。 神田外語大学外国語学部専任講師、国際大学GLOCOM客員研究員。博士(社会学)。 2018年第6回関西社会学会大会奨励賞。 専門分野:メディア史、メデイア効果論、情報社会論、計量社会学等。 本書にまとめられた研究の他、“The bias of Twitter as an agenda-setter on COVID-19: An empirical research using log data and survey data in Japan”, Communication and the Public 7 (2), 2022、“Effects of corrections on COVID-19-related misinformation: Cross-media empirical analyses in Japan”, International Journal of Web Based Communities 18 (1), 2022ほか。
タイトルヨミ
カナ:サラリーマンノメディアシ
ローマ字:sarariimannomediashi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
緑の書 リビアのカダフィ大佐の理論
2011年10月20日、カダフィ大佐は殺された

-- 広告 -- AD --

慶應義塾大学出版会の既刊から
眞壁宏幹/著 眞壁ゼミ/著
もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:鈴木ゴータ 
興陽館:TBSラジオ 鶴間政行 
講談社:西條奈加 
小学館:堂場瞬一 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。