近刊検索 デルタ

2022年10月13日発売

慶應義塾大学出版会

出版社名ヨミ:ケイオウギジュクダイガクシュッパンカイ

犬に話しかけてはいけない

内陸アラスカのマルチスピーシーズ民族誌
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
カリブー、ワタリガラス、クマ、ビーバー、ギンザケ、オーロラ ……

多種とともに生きのびる知恵を知る
人類学の冒険がはじまる

内陸アラスカではかつて「犬に話しかけてはいけない」という禁忌があった――。

本書は、マルチスピーシーズ民族誌と環境人文学の視点から、フィールドワークを通してアラスカ先住民の人々と「自然環境」との関わりを描く。
内陸アラスカ先住民の人々は、動植物や精霊、土地との関係性のなかで息をひそめながら暮らしてきた。「人間」が問い直されている今、彼らの「交感しすぎない」という知恵から「自然との共生」を再考する。
目次
はじめに――ある日の野帳から

第1章 マルチスピーシーズ民族誌へようこそ
 現代人類学への道
 マルチスピーシーズ民族誌の誕生
 人新世と環境人文学――マルチスピーシーズ民族誌との関連から

第2章 ニコライ村への道のり
 ニコライ村
 フィールドワークの始まり
 本書のおもな登場人物
 個人主義的な人々?
 徒弟的なフィールドワーク
 フィールドワークの身体性

第3章 ワタリガラスのいかもの食い──ある神話モチーフを考える
 トリックスターとしてのワタリガラス
 神話は子育てによく効く?
 犬の屠畜とワタリガラス神話
 犬屠畜モチーフが他地域からもたらされた可能性はあるか? 
 〈ワタリガラス〉の犬肉食は、動物行動学で説明できるか?
 〈ワタリガラス〉の犬肉嗜好モチーフは修辞戦略としてみなしうるか? 
 多種の因縁を語る神話

第4章 犬に話しかけてはいけない──禁忌から考える人間と動物の距離
 ある禁忌の語りから 
 運搬・護衛・狩猟
 犬ぞりの受容と二〇世紀初頭の変化 
 犬ぞりの現在 
 犬―人間のハビトゥス

第5章 ビーバーとともに川をつくる──「多種を真剣に受け取ること」を目指して
 ビーバー論争 
 生態学・生物学と対話するマルチスピーシーズ民族誌
 ビーバーとディチナニクの人々の関わり
 ビーバーダムとギンザケ
 ビーバー擁護派と反対派の二項対立を超えて
 キーストーン種とともに考える
 マルチスピーシーズ民族誌が目指すこと

第6章 「残り鳥」とともに生きる──ドムス・シェアリングとドメスティケーション
 ドメスティケーションの周辺から考える
 野鳥の餌づけ・保護・飼育
 「残り鳥」と住まう
 野鳥とのドムス・シェアリング
 ドムス・シェアリングとドメスティケーション

第7章 カリブーの毛には青い炎がある──デネの共異身体をめぐって
 北方アサバスカンの身体
 共異体と社会身体
 サイボーグ・インディアン
 カリブーの民とオーロラ
 巨大動物と超自我
 ぬくもりの共異身体

第8章 コウモリの身内──環境文学と人類学から「交感」を考える
 悪魔からロールモデルへ
 目的としての「交感」と実用的な「交感」
 生きものとの会話と非会話
 「交感しすぎない」という知恵 

おわりに――内陸アラスカ先住民の知恵とは何か?
 マルチスピーシーズ民族誌の射程
 各章の概要
 アラスカ先住民の知恵
 第三の道を探る

あとがき

初出一覧
図版一覧
動物の名称一覧  
参考文献一覧
索引
著者略歴
近藤 祉秋(コンドウ シアキ kondou shiaki)
専門:文化人類学、アラスカ先住民研究。博士(文学)。 共編著に『食う、食われる、食いあう――マルチスピーシーズ民族誌の思考』(青土社、2021年)、論文に「危機の「予言」が生み出す異種集合体――内陸アラスカ先住民の過去回帰言説を事例として」『文化人類学』86巻3号、「内陸アラスカ先住民の世界と「刹那的な絡まりあい」――人新世における自然=文化批評としてのマルチスピーシーズ民族誌」『文化人類学』86巻1号などがある。
タイトルヨミ
カナ:イヌニハナシカケテハイケナイ
ローマ字:inunihanashikaketehaikenai

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
止められるか俺たちを 暴走族写真集
日本には暴走族がいる

-- 広告 -- AD --

慶應義塾大学出版会の既刊から
眞壁宏幹/著 眞壁ゼミ/著
もうすぐ発売(1週間以内)
東京化学同人:D.P.Kroese 金森敬文 
論創社:岡崎広樹 
以文社:デヴィッド・グレーバー 藤倉達郎 
palmbooks:赤染晶子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。