近刊検索 デルタ

2021年8月2日発売

エクスナレッジ

蹴日本紀行-47都道府県 フットボールのある風景-

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
この国にはすでに素晴らしいフットボール文化が根付いている―—。

北海道から沖縄まで全国を行脚して紡いだ
【永久保存版】至極のサッカーフォトエッセイ

1993年に10クラブでスタートしたJリーグは、その後着実に増え続け、2021年には57クラブ(40都道府県)にまで増加した。

かつて「日本にはサッカー文化がない」と言われたものはや昔、
全国を巡るなかで、この国には世界に誇るべき豊かなフットボールの文化が根付いていることに改めて気づかされる。

そして、Jクラブがない県にもその土地に根差したフットボールの風景が確実に存在することも―—。

北は北海道から南は沖縄まで、Jクラブのある地域からない地域まで、津々浦々のフットボールを色濃く、鮮やかに編んでいく。


「サッカーを観に行こう。そして個性に恵まれた日本のローカルを歩こう。知ろう。絶対に楽しいから!!!」
津村記久子氏(芥川賞作家) 推薦
著者略歴
宇都宮 徹壱(ウツノミヤテツイチ utsunomiyatetsuichi)
1966年生まれ。東京都出身。東京藝術大学大学院美術研究科修了。97年にベオグラードで「写真家宣言」。 以後、写真家・ノンフィクションライターとして国内外の文化としてのフットボールをルポルタージュしてきた。 著書に『ディナモ・フットボール』(みすず書房)、『股旅フットボール』(東邦出版)、『フットボール風土記』(カンゼン)など。 『フットボールの犬』で第20回ミズノスポーツライター賞最優秀賞受賞。今回の著書で47都道府県の取材を完遂した。
タイトルヨミ
カナ:シュウニホンキコウ ヨンジュウナナトドウフケンフットボールノアルフウケイ
ローマ字:shuunihonkikou yonjuunanatodoufukenfuttoboorunoarufuukei

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
プレジデント社:
星海社:Cygames CLAMP 小野ミサオ かめれおん おえかきえんぴつ ほか
朝日新聞出版:伊坂幸太郎 
白夜書房:紺野貴子 小林美咲 米本英美 
日本実業出版社:中川右介 
ジャムハウス:弁護士法人戸田総合法律事務所 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。