近刊検索 デルタ

2018年6月30日発売

玄光社

大畠雅人作品集 ZBrush+造形テクニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
アナログ+デジタル、ハイブリッド造形の匠
しゆまい、初の作品集&テクニック本

ZBrush、DAZ Studio、Marvelous Designerを駆使して造形 → Form2で出力 → アナログ仕上げ
ソフトの購入先から造形、出力、仕上げまでを、徹底的にわかりやすく解説!!
目次
【目次】
■GALLERY

■DazStudio、MarvelousDesigner、ZBrush、Form2で『GAME』を作る

■これだけは覚えよう!! ソフトの解説
・ZBrush編 by水澄剛大
ブラシ、画法

・Daz Studio編 by水澄剛大

・Marvelous Designer編 by水澄剛大


■PART1 キャラクターデザイン
01 Dazでポーズを作る
02 ZBrushへインポート→アニメーションで確認
03 Marvelous Designerで服を作る
04 フードを作る
05 フィッティングして調整する
06 シワをシミュレーションする


■PART2 スカルプト(彫刻する)
01 設定
02 顔を作る
03 頭を作る
04 眼球を作る
05 まぶたを作る
06 口を作る
07 髪の毛を作る
08 三つ編みブラシの作りかた
09 まつげを作る
10 表情をつける
11 ヘッドホンを作る
12 メガネを作る
13 コントローラーを作る
14 スニーカーを作る
15 靴底を作る
16 フィッティング
17 手を作る
18 体を作る
19 台座を作る
20 Geomagic社のSculptで仕上げ
21 テレビ台を作る
22 テレビを作る
23 仕上げ~分割


■PART3 3Dプリンタ〈Form2〉出力~仕上げ
01 出力~みがき
02 型取り~キャストに置き換え
03 色塗り -椅子-
04 色塗り -肌-
05 色塗り –パーツ- 


■PART4 [番外編]パテ盛り造形の場合


■プロフィール&作品解説


■フィニッシャー、田川弘さんのこと
著者略歴
大畠雅人(オオハタマサト)
1985年生まれ、千葉県出身。2009年、武蔵野美術大学油画科版画コース卒業。2009年から2012年の3年間は演劇活動で舞台に立つ。2013年、株式会社エムアイシー入社。デジタル原型チームに所属し、数々の商業原型を手がける。2015年冬のワンダーフェスティバルで初のオリジナル造形作品「contagion girl」を発表。翌年の冬のワンダーフェスティバルで発表したオリジナル2 作目の「survival:01 Killer」は豆魚雷AAC(アメージング・アーティスト・コレクション)第7弾 に選出される。現在はフリーランスの原型師として活躍中。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

週刊コミタン! 2018/10/21号


連載記事

発売してから、どうですか(仮)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。