近刊検索 デルタ

2019年8月15日発売

現代書館

秋田藩

シリーズ藩物語
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
平安時代から続く名門佐竹家は関ヶ原の戦い後、常陸から出羽へと移された。54万石から石高も示されないままの移封であったが、この地は佐竹家の祖が活躍したゆかりの場所で、地下には金銀銅が眠り秋田杉が生い茂る資源豊かな土地であった。
 また土崎と能代の湊によって上方の文化が流入し、藩内の祭りや角館が小京都と呼ばれるようになるなど強い影響を及ぼしている。八代藩主佐竹義敦は学問好きで、秋田蘭画が花開き、藩士小田野直武は師平賀源内との関係から『解体新書』の挿絵を担当した。
 異国船が日本沿岸を出没するようになると、蝦夷地警備や京都警衛を割り当てられる。一方、幕末に起こった家老同士の対立などにより戊辰戦争の際に藩内は混乱し、結果的に新政府側についた。
著者略歴
渡辺英夫(ワタナベヒデオ watanabehideo)
秋田大学教育文化学部教授。
タイトルヨミ
カナ:アキタハン
ローマ字:akitahan

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

現代書館の既刊から
ゼン・ハニーカット/著 松田紗奈/翻訳
東日本部落解放研究所/編集
石川優実/著
本日のピックアップ
技術評論社:リンクアップ監修:デジタルアーツ株式会社 
日本能率協会マネジメントセンター:松永博樹 内山正悟 
草思社:スティーブン・ピンカー 橘明美 坂田雪子 
草思社:堀秀道 門馬綱一 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。