近刊検索 デルタ

2021年4月7日発売

晃洋書房

エアライン・ビジネス入門 第2版

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
21世紀のエアライン・ビジネスを俯瞰する 待望の第2版
好評の初版をより使いやすく大幅改訂 業界研究必読の書!
半世紀近い激動の航空業界 現場を知る執筆陣が丁寧に解説!

エアライン・ビジネスの歴史的背景,
航空会社の事業構造の成り立ちから関連事業など,
初学者に配慮した記述・工夫を施し,
新型コロナウイルスによる影響を受けたLCCの現状等,
航空業界研究も収録.

【主な改訂内容】

●第2版では,航空業界を多面的に知ることができるよう,
 「産業論」・「経営論(航空会社事業論)」・「現業論」の3部構成とした.

●初版の記述内容を全面的にアップデートすることはもちろん、
 本文記述では基本的な内容をやさしく説明し,「さらに詳しく」の項を設けて
 読者がメリハリをつけながら読むことができる.

●《新たに追加した内容》

 第6章「航空産業をめぐる新たな潮流」
 第14章「運航(運航乗務員)」
 第15章「エアラインの航空機整備」
協力:JALグループ
目次
 はしがき

第Ⅰ部 産 業 論

第1章 エアライン・ビジネスとは
1 エアライン・ビジネスとは
2 エアライン・ビジネスの特徴
3 本書の目的と展望――エアライン・ビジネスの視点から

第2章 エアライン・ビジネスの歴史
1 航空機の発達と歴史
2 エアライン・ビジネスの黎明期
3 第二次世界大戦以降の民間航空輸送
4 航空自由化の流れ
5 日本の民間航空の歴史

第3章 空   港
1 空港の概要
2 空港の課題
3 空港の民営化

第4章 LCC(低コスト航空会社)の世界的躍進
1 LCC(低コスト航空会社)の概要
2 LCCの世界的躍進と市場へのインパクト
3 日本のLCC
4 長距離線LCC
5 LCCの功績と今後

Column 1:エアアジアのミッション“Now everyone can fly.”の意味

第5章 これからのエアライン・ビジネス
1 データからみるエアライン・ビジネス
2 航空会社間の硬柔連携の進展
3 運営形態の変化
4 社会貢献と責務
5 日本の航空会社の今後

第6章 航空産業をめぐる新たな潮流
1 コロナウイルスによる航空業界,および関連産業の変容
2 観光政策の転換
3 ビジネスジェットと新たな視点の導入
4 これからの新しい交通・輸送手段をめぐって

第Ⅱ部 経営論(航空会社事業論)

第7章 航空会社の経営計画
1 経営計画とは
2 航空会社の経営計画
3 航空会社の提携やアライアンスの背景
4 航空会社間の提携の類型

第8章 航空会社の安全管理
1 航空会社にとっての「安全」とは
2 安全管理とは何か
3 事故と安全管理
4 安全管理体制の課題

第9章 航空会社の商品(運賃と販売手法)
1 航空会社の商品特性
2 航空運賃
3 GDSの貢献

第10章 航空会社の関連事業
1 航空直結事業関連会社
2 周辺事業会社

第Ⅲ部 現 業 論

第11章 空港業務と旅客ハンドリング
1 旅客ハンドリング
2 ステーション・オペレーション
3 グランドハンドリング
4 安全への取り組み

第12章 航空貨物輸送
1 航空貨物輸送の歴史
2 航空貨物輸送の概要
3 航空貨物輸送のいろいろ

第13章 客室におけるサービス
1 客室乗務員の等級と編成
2 機内サービス
3 安全業務

Column 2:ハラル機内食作成の大変さ

第14章 運航(運航乗務員)
1 運航乗務員とは
2 航空会社における運航乗務員の存在
3 運航乗務員の業務にかかわる安全管理態勢

第15章 エアラインの航空機整備
1 エアラインの整備の概要
2 航空機整備の基礎
3 航空機整備を支える組織
4 整備における安全の取り組み
著者略歴
稲本 恵子(イナモトケイコ inamotokeiko)
タイトルヨミ
カナ:エアラインビジネスニュウモンダイニハン
ローマ字:earainbijinesunyuumondainihan

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

晃洋書房の既刊から
社会文化学会/編集 樫村愛子/著 桂悠介/著
足立辰雄/著・編集 清水正博/著・編集
佐藤泰子/著
北村匡平/著
もうすぐ発売(1週間以内)
産業編集センター:小林みちたか 
美術出版社:藤井フミヤ 
日経BP 日本経済新聞出版本部:湯進 
KADOKAWA:須垣りつ 庭春樹 
エール出版社:鳩山文雄 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。