近刊検索 デルタ

2021年3月22日発売

晃洋書房

聖地・熊野と世界遺産

宗教・観光・国土開発の社会学
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
熊野を究め語り尽す慧眼の書
籠り野ともいわれた古代熊野から現代の世界遺産化を見据え、気鋭の執筆陣による千年余の変遷の多方面からの分析は、宗教遺産でもある聖地に修行する者をはじめとして、研究者、旅人に至るまで目を開かせる。
宮城泰年(本山修験宗管長 聖護院門跡門主)
目次
 序 章 聖地・熊野の世界遺産化を読み解く (田中 滋) 

第Ⅰ部 激動の近代
 第1章 神仏の〈交流〉から分離へ (田中 滋)
 第2章 明治から昭和初期における熊野地方の観光対象の変遷 (寺田 憲弘)
 第3章 濫伐される熊野 (田中 滋)
 第4章 電源開発と熊野の変貌 (田中 滋)
 第5章 「筏の終焉」と河川の近代化 (井戸 聡)

第Ⅱ部 問い直される近代
 第6章 熊野の観光メディア言説の変動 (寺田 憲弘)
 第7章 世界遺産ツーリズムにおける信仰文化の価値 (中井 治郎)
 第8章 観光立国「日本」と「宗教」 (湯川 宗紀)
 第9章 世界遺産とインバウンド観光 (寺田 憲弘)
 第10章 問い直される世界遺産 (中井 治郎)
 第11章 世界遺産のインパクト (柴田 和子)
 第12章 地方移住のその先に (井戸 聡)
 第13章 地域おこし協力隊の「仕事」 (井田 千明)
著者略歴
田中 滋(タナカシゲル tanakashigeru)
龍谷大学名誉教授
寺田 憲弘(テラダケンコウ teradakenkou)
龍谷大学非常勤講師
タイトルヨミ
カナ:セイチクマノトセカイイサン
ローマ字:seichikumanotosekaiisan

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

晃洋書房の既刊から
牧野格子/著
楠家重敏/翻訳 アーネスト・M・サトウ/著
閻学通/著 宋寧而/翻訳 姜春潔/翻訳
もうすぐ発売(1週間以内)
双葉社:岬愛奈 
角川春樹事務所:堂場瞬一 
角川春樹事務所:堂場瞬一 
講談社:武井宏之 ジェット草村 鵺澤京 
双葉社:朝倉宏景 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。