近刊検索 デルタ

2022年10月26日発売

晃洋書房

出版社名ヨミ:コウヨウショボウ

いじめを哲学する 教育現場への提言

教育現場への提言
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
を脱いだとき、いじめが始まる! 哲学、精神分析、進化生物学、動物行動学、社会学、社会心理学などの知見を活用し、哲学研究者がユニークな演劇論的いじめ研究を展開する。
の養成こそ、いじめ撲滅の道である。
目次
序 章 私たちのいじめ理解にひそむ問題
第1節 いじめとどう向き合うか
第2節 いじめの定義を再検証する
第1章 いじめは「人間的」か、それとも「非人間的」か?
第1節 いじめは「楽しい」?
第2節 人間は「狼」なのか?
第3節 人間は「いじめをする動物」か?
第4節 サルも「いじめ」をする?
第2章 いじめは「社会的」か、それとも「反社会的」か?
第1節 「社会のせい」でいじめが起こる?
第2節 「認められたい」からいじめる?
第3節 いじめは欲求不満の「はけ口」か?
第4節 いじめは「スケープゴート」か?
第5節 いじめられる子が「悪い」のか?
第6節 「みんながいじめる」からいじめる?
第7節 「妬ましい」からいじめる?
第8節 「学校がある」からいじめが起こる?
第9節 「ふつうじゃない」からいじめる?
第10節 「ネットがある」からいじめが起こる?
第3章 「人格」とは何か?
第1節 「共感」の限界
第2節 自分を隠す「仮面」
第3節 自分との「沈黙の対話」
第4節 自分の「内なる他者」
第5節 人が人の「神」になる
終 章  「公平な観察者」から「完璧な偽善者」へ
第1節 汝自身を知れ
第2節 他者を知れ
第3節 自ら人格であれ、そして他者を人格として尊敬せよ
第4節 完璧な偽善者になれ
結論    
著者略歴
佐山 圭司(サヤマケイジ sayamakeiji)
1967年 東京都生まれ 2003年 一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程単位取得退学 2004年 マルティン・ルター大学ハレ=ヴィッテンベルク哲学博士(Dr.phil) 現 在  北海道教育大学札幌校教授 主要業績  共 著 『スピノザと近代ドイツ――思想史の虚軸』岩波書店、2022年  共編著 『危機に対峙する思考』梓出版社、2016年
タイトルヨミ
カナ:イジメヲテツガクスル
ローマ字:ijimeotetsugakusuru

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

-- 広告 -- AD --

晃洋書房の既刊から
斎藤智文/翻訳 伊藤健市/翻訳 岡田寛史/翻訳 佐藤健司/翻訳 楠奥繁則/翻訳
岡田昌毅/著・編集 尾野裕美/著 須藤章/著 原恵子/著 前田具美/著 三好きよみ/著 ほか
『社会文化研究』編集委員会/編集 仲田教人/著 藤野一夫/著 南出吉祥/著 荒井和樹/著
川島典子/著・編集 原田徹/著 鄭年皓/著 谷畑英吾/著 桜井政成/著 岡本悦司/著 ほか
牧野圭子/著
もうすぐ発売(1週間以内)
東京化学同人:D.P.Kroese 金森敬文 
論創社:岡崎広樹 
以文社:デヴィッド・グレーバー 藤倉達郎 
原書房:高尾栄司 
palmbooks:赤染晶子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。