近刊検索 デルタ

2021年5月14日発売

金剛出版

臨床心理学 第21巻第3号 問いからはじまる面接構造論

「枠」と「設定」へのまなざし
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
1?[総論]問いからはじまる面接構造論
特集にあたって 上田勝久

2?面接構造を基礎づける―学派間対話
治療構造論を更新する―認識論から主体化へ 山崎孝明
治療構造論の影―ユング的治療態度 大塚紳一郎
「構造」しかない認知行動療法―認知行動療法における面接構造私(試)論 田中恒彦
パンダシステムで解説するブリーフセラピーの構造 生田倫子
ナラティヴ・セラピー―認証と多声に向かう臨床構造 安達映子

3?面接構造が動くとき―「枠」の柔軟性
生活臨床の場―精神科デイケア 北岡美世香
児童虐待への危機介入―決断主義という視点から 菊池裕義
コミュニティケア―所沢市の精神保健に係る取りくみ 下平美智代
治療構造のリフレクティング―反復(タクト)でなく更新(リズム)のために 矢原隆行
プレイセラピー 廣瀬幸市

4?変わりゆく面接構造―オンライン設定の応答性
オンライン設定における心的空間の平板化と拡張 堀川聡司
オンラインCBTと対面CBTの異同 岡村優希
応用行動分析学の立場から面接構造を考える 吉野智富美
心理療法の面接構造とオンラインカウンセリングについて―統合的アプローチの立場から 西野入篤
マインドフルネスの立場から 岸本早苗

連載
治療は文化である[責任編集]森岡正芳

[第3回]回復(リカバリー)を巡る対話
―当事者と専門家の「共通言語」を求めて 信田さよ子・倉田めば

リレー連載
臨床心理学・最新研究レポート シーズン3
第28回「コンパッション―その進化と心理療法への応用」 浅野憲一

主題と変奏―臨床便り
第49回「コロナ禍のカンタービレ」 木村裕美

書評
花丘ちぐさ 著『その生きづらさ,発達性トラウマ?―ポリヴェーガル理論で考える解放のヒント』(評者:吉田三紀)
西見奈子 編著『精神分析にとって女とは何か』(評者:中村留貴子)
長尾和哉 著『非行・犯罪からの立ち直り―保護観察における支援の実際』(評者:須藤 明)
原井宏明 著『認知行動療法実践のコツ―臨床家の治療パフォーマンスをあげるための技術』(評者:三田村仰)
著者略歴
上田 勝久(ウエダ カツヒサ ueda katsuhisa)
タイトルヨミ
カナ:リンショウシンリガク
ローマ字:rinshoushinrigaku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

金剛出版の既刊から
アンドレ・グリーン/著 ジャン・アブラム/編集 鈴木智美/翻訳 石橋大樹/翻訳
シンディ・N・アリエル/著 あさぎ真那/翻訳
一般社団法人日本公認心理師協会/監修 髙橋幸市/編集 徳丸享/編集 増沢高/編集
木部則雄/監修 平井正三/監修 吉沢伸一/編集 松本拓真/編集 小笠原貴史/編集
もうすぐ発売(1週間以内)
みらいパブリッシング:北山建穂 
文藝春秋:堂場瞬一 
廣済堂出版:紺野ぶるま 
講談社:はっとりひろき 
幻冬舎:小林由香 
講談社:谷口雅美 あわい 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。