近刊検索 デルタ

2021年9月20日発売

現代企画室

続・新型コロナウイルス感染症 COVID-19

菅内閣と緊急事態宣言
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
コロナ禍で「政治」は何を語ってきたか。
菅内閣発足から2回目の緊急事態宣言の終了までを中心に、迷走する政府の新型コロナウイルス対策を詳細に解説。
止まらない感染者数・死亡者数の増加と延長・拡大が繰り返される緊急事態宣言。新型コロナウイルス感染症に関する日本政府の対応と言説を、2020年9月の菅内閣発足時までさかのぼり、国会の会議録や関係諸機関の公式発表などに基づいて詳論する。事態を正確に把握し、冷静に「審判」するための必読書。新型コロナウイルス感染症に関する海外の状況に言及し、東京五輪開催に向けた首相の発言についても詳論する。


本書目次
I 新型コロナウイルス・新型コロナウイルス感染症
II 確認症例数・死亡者数
III Go To トラベルの全国一斉一時停止
IV 新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言と新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置に関する公示
V 東京オリンピック・パラリンピックと 新型コロナウイルス感染症
あとがき

日米共同記者会見と東京オリンピック・パラリンピック / 日米首脳共同声明と東京オリンピック・パラリンピック / 安全・安心な大会/政府・首相としての最大の責務とテロ / 天皇陛下と東京オリンピック・パラリンピック / また行われた新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言 / 大阪府の悲惨な状況 / 緊急事態措置を実 施すべき期間の延長・緊急事態措置を実施すべき区域の変更/沖縄県と東京オリンピック・パラリンピックの競技が行われた地域/命と健康を守っていく / ワクチン開発・生産体制強化戦略/新型コロナウイルスと2021年の第49回衆議院議員総選挙
著者略歴
飯田泰士(イシダタイシ ishidataishi)
東京大学大学院法学政治学研究科修了。東京大学大学院医学系研究科生命・医療倫理人材養成ユニット修了。 主な著書(単著): 『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)』(現代企画室、2020年)、『元号「令和」』(五月書房新社、2019年)『民法成年年齢の20歳から18歳への引下げ』(五月書房新社、2019年)『詳説 天皇の退位』(昭和堂、2018年)『18歳選挙権で政治はどう変わるか』(昭和堂、2016年)『地方選挙ハンドブック』(えにし書房、2015年)『原発国民投票をしよう!』(えにし書房、2015年)『集団的自衛権』(彩流社、2014年)『改憲論議の矛盾』(花伝社、2014年)
タイトルヨミ
カナ:ゾク シンガタコロナウイルスカンセンショウ
ローマ字:zoku shingatakoronauirusukansenshou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

現代企画室の既刊から
市原湖畔美術館/編 伊高浩昭/今福龍太/太田昌国/黒沼ユリ子/野谷文昭/平出隆/港千尋/吉田喜重/田中敬一/仲野泰生/渡辺庸生/著
須藤義之/著
ルルヒオ・ガビラン/著 黒宮亜紀/訳
もうすぐ発売(1週間以内)
集英社:堂場瞬一 
えにし書房:マーガレット・マクミラン 真壁広道 
玄光社:CMNOW編集部 大塚素久(SYASYA) 
講談社:藤本ひとみ 
主婦の友社:橋本将吉 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。