近刊検索 デルタ

2020年4月20日発売

アスコム

『鬼滅の刃』流 強い自分のつくり方

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
私は、自分の息子と学生に、『鬼滅の刃』は必ず読んでほしいと思っています。
 
それは、こんなにも、親や教師が伝えたいメッセージが、熱く、わかりやすく詰めこまれたマンガは、ほかにないからです。

私たちが生きている現実世界は、過酷です。
思い通りにならない。
やりたいことは自由にできない。
欲しいものはすぐに手に入らない。

自分はなんて弱いんだ、もうダメだと思い知らされることが多いことでしょう。
生き抜くためには、強い自分をつくりなさい、とよくいわれると思います。

でも、どうすれば強くなれるのか、誰も教えてくれません。
それはきっと、誰も「こうすれば強くなれる!」とはっきりと言えないからだと思います。

『鬼滅の刃』では、それがわかりやすく示されます。

どうすれば、人は強くなれるのか。
強いといわれる人は、どうふるまうのか。何を考えているのか。

キャラクターを通して、描かれます。

みなさんが強い自分を手に入れて、どんな困難に直面しても、自分の手で未来を切り開き、夢をかなえるための一歩を踏み出す、お手伝いが、本書を通してできれば、幸いです。
目次
第1章
強い自分づくりに欠かせない、たったひとつの心がけ
~「積み重ね」がひとりの炭売りの少年を変えた~

第2章
折れない心のつくり方
~炭治郎はなぜあきらめないのか~

第3章
強い人がやっている自分を強くする習慣
~炭治郎が強くなった理由~

第4章
仲間を引き寄せる「強さ」の秘けつ
~炭治郎の優しさは真の強さの裏返し~

第5章
人間の弱さを鬼に学ぶ
~鬼は人間の反面教師だった~
著者略歴
井島由佳(イジマユカ ijimayuka)
大東文化大学社会学部社会学科助教、心理・キャリアカウンセラー 1970年東京生まれ。東京家政大学大学院家政学研究科人間生活学専攻修了。博士(学術)。 専門は教育心理学、キャリア心理学。CDA、産業カウンセラー。 ライフキャリアとマンガに関する研究を行う。キャリアデザイン、チームビルディング、メンタルヘルスなどの専門家。自治体や企業等で研修講師を務める。学校教育において、キャリアデザインに関するテキスト作成と教員研修、キャリアカウンセラー養成講座を長年にわたり担当し、大学のキャリアセンター長として、学生の就職も支援。また、キャリアデザイン授業のプログラムも開発している。『鬼滅の刃』や『ワンピース』、『NARUTO』などマンガを活用した講義・研修・セミナーが人気。
タイトルヨミ
カナ:キメツノヤイバリュウ ツヨイジブンノツクリカタ
ローマ字:kimetsunoyaibaryuu tsuyoijibunnotsukurikata

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
プレジデント社:
日本実業出版社:中川右介 
朝日新聞出版:伊坂幸太郎 
講談社:講談社 
早川書房:R・A・ラファティ 牧眞司 伊藤典夫 浅倉久志 
早川書房:アイヴィ・ポコーダ 高山真由美 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。