近刊検索 デルタ

2020年12月22日発売

アスコム

記憶力アップ×集中力アップ×認知症予防 1日1杯脳のおそうじスープ

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
【重要】脳トレには効果がありません!!
    大事なのは「脳のクリーニング」です。
「テレビに出ている芸能人の名前が思い出せない」
「前日食べたごはんが何だったか忘れた」
「スーパーで買おうと思っていたものを買い忘れることがある」
などなど。
心当たりのある方も多いのでは?

40〜50代を境に、脳の衰えは進んでいきます。
「最近、頭の回転が鈍くなった気がする」
そう思い、脳トレをする人もけっこういるんじゃないでしょうか。

でも、残念なお知らせがあります。
脳トレに脳を鍛える効果はありません!

「え、うそでしょ!」と思うかもしれませんが
科学的エビデンスに基づいた正確な情報です。
以前、「スタンフォード大学長寿命センター」が
脳トレに効果がないという声明を出し話題になったこともあります。

では、衰えてきた脳に打つ手はないのか。
それがあるんです。

それが、「脳のクリーニング」です。
実は、脳には若いころから少しずつ
脳のゴミ(=アミロイドβと呼ばれるたんぱく質の一種)が
蓄積していききます。
このゴミは、脳神経医学の見地から見ると、
脳神経を破壊し脳の老化や認知症のリスクを
高めると言わざるを得ません。
脳の衰えは、このゴミと密接に関係しているのです。

しかしながら、脳のゴミを排出し、
溜めないような生活習慣を身につければ、
そのリスクをグッと抑えることができます。
その最も簡単な方法が、脳にいい栄養素を豊富に含んだスープを、
1日1杯摂ること。

脳のゴミの排出に効果的なαリノレン酸や
抗酸化作用のあるセサミン、脳神経の材料になるレシチンなどの
さまざまな栄養素がたっぷり含まれています。

スーパーで売っている身近な食材で作れて
しかも包丁を使わずに簡単につくれて、しかも美味しいのです。

年齢とともに、記憶力、集中力の衰えを感じる方
また、近い将来に認知症になるかもしれないという
自覚のある方は、ぜひ、飲んでみてください。
著者略歴
内野勝行(ウチノカツユキ uchinokatsuyuki)
内野勝行(うちの・かつゆき) 30万部突破『疲れをとりたきゃ腎臓をもみなさい』を監修した名医。 帝京大学医学部医学科卒業後、都内の神経内科外来や千葉県の療養型病院副院長を経て 現在、金町駅前脳神経内科院長。 脳神経を専門としてこれまで約1万人の患者を診てきた経験を基に、脳をクリーニングする 「脳のおそうじスープ」を開発した。 フジテレビ「めざましテレビ」やテレビ朝日「林修の今でしょ!講座」などテレビ出演多数で、様々な医療情報番組の医療監修も務める。
タイトルヨミ
カナ:キオクリョクアップカケルシュウチュウリュクアップカケルニンチショウヨボウイチニチイッパイノウノオソウジスープ
ローマ字:kiokuryokuappukakerushuuchuuryukuappukakeruninchishouyobouichinichiippainounoosoujisuupu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
技術評論社:高橋正和 荒木粧子 池上美千代 岡田良太郎 唐沢勇輔 北澤麻理子 ほか
平凡社:長岡美代 
双葉社:春野恵 
アリス館:ともながたろ なかのひろみ 
光文社:佐々木功 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。