近刊検索 デルタ

2021年4月27日発売

アスコム

寝てもとれない疲れをとる神マッサージ

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
寝てもとれない疲れがあるなら、
最初に試してみてほしいことがあります。
それは側頭筋をもむことです。

頭の筋肉の中でも、特にこりやすく疲れやすい側頭筋
頭痛、不眠、目の疲れ、体の不調、ストレス対策を!


頭の筋肉の中でも、特にこりやすく、寝てもとれない疲れと大きく関わっているのが、頭の両サイド、こめかみから耳の上の周辺にある側頭筋です。側頭筋が硬くこったままでいるのは、サイズの小さい帽子を無理やりかぶり続けているようなものです。
これが、寝てもとれない疲れの大きな原因であり、ときには頭痛をもたらすこともあります。
頭の筋肉は、首や肩の筋肉につながっているため、側頭筋が疲れ、こると、首や肩のこりもひどくなります。
しかも、脳には体の状態をコントロールする働きがありますが、放置されたこりが頭の血管や神経などを圧迫すると、体の情報をキャッチしたり、体に指令を出したりすることが、スムーズにできなくなります。
つまり、側頭筋の疲れやこりが寝てもとれない疲れを招き、さらなる「疲れとストレスの悪循環」の原因となっています。


ご自身の側頭筋が疲れているかをチェック!

両手の指を軽く広げ、ご自身の頭を押さえ、上下に動かしてみてください。
いかがでしょう?
頭皮はスムーズに動きますか?
それとも、ガチガチに固まっていますか?
もし3~5割程度の軽い力で、頭皮が1センチ程度動けば問題ありませんが、力を入れないと動かないとか、まったく動かないということであれば、頭がこっている可能性があります。
そして、頭がこっているお客さまに話を聞くと、「寝ても疲れがとれない」「頭がすっきりしない」「いまひとつ、やる気が起きず、集中力も足りない」「頑固な頭痛や眼精疲労などに悩まされている」といった症状を訴えられることが少なくありません。

中でも、頭を使うことが多い経営者やビジネスマンの方は、側頭筋がガチガチに硬
くなっていることが多く、もみほぐすと非常に喜ばれます。
ふだん、頭をよく使っている人ほど、その効果は絶大。
ぜひお試しください。
著者略歴
寺林陽介(テラバヤシヨウスケ terabayashiyousuke)
六本木・寺林治療院院長。 1996年にあんまマッサージ指圧師、鍼師、灸師の国家資格を取得し、父の治療院で本格的に修業を開始。 24歳のときから一人で治療院を運営し、現在に至る。 2008年には南青山でも完全紹介制・完全予約制の治療院を開設し、2014年4月、東京都港区六本木に移転。 患者に心から満足してもらえる治療院を追求している。 どこに行っても楽にならなかったという患者ほど違いを実感する「疲れとりマッサージ」を行い、多くの著名人から評判を得ている。 著書『疲れをとりたきゃ腎臓をもみなさい』(アスコム刊)は30万部のベストセラーになり、テレビ、雑誌など多数のメディアで注目を集めた。
内野勝行(ウチノカツユキ uchinokatsuyuki)
帝京大学医学部医学科卒業。 都内病院の神経内科外来や千葉県の療養型病院副院長を経て 現在金町脳神経内科・耳鼻咽喉科院長、帝京大学医学部附属病院神経内科非常勤医。 日本内科学会認定医。厚生労働省認定認知症サポート医。日本体育協会公認スポーツドクター。 日本神経学会会員。 専門は脳神経内科だが、鍼灸や漢方といった東洋医学も取り入れ、 患者さんの体全体の調和がとれるようアドバイスを行っている。
タイトルヨミ
カナ:ネテモトレナイツカレヲトルカミマッサージ
ローマ字:netemotorenaitsukareotorukamimassaaji

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
みらいパブリッシング:北山建穂 
文藝春秋:堂場瞬一 
廣済堂出版:紺野ぶるま 
講談社:はっとりひろき 
幻冬舎:小林由香 
講談社:谷口雅美 あわい 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。