近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
おばあちゃんの島の家で夏を過ごしていたトーマスはある朝、海岸で、海ガラスを見つけた。海水や砂にもまれ、時を経て、丸くなった海ガラス。おじいちゃんは、海ガラスには、ひとつひとつに違う物語があるんだよ、と言った。どこから流れてきたのだろう。どんな旅をしてきたのだろう。このガラスの物語はどんなだろう。その夜、海ガラスを枕元に置いて寝たトーマスは、嵐のなかを進む帆船の夢を見た。小さな海ガラスからひろがる、壮大な物語。
著者略歴
ミシェル・ハウツ(ミシェル ハウツ)
児童文学作家。科学読み物Lucy’s Lab(絵エリザベス・ゼシェル)、デンマークの民話に基づいたWinterfrostなど伝記や物語を多数執筆。絵本作品に、When Grandma Gatewood Took a Hike (絵エリカ・マグナス)がある。オハイオ州に農園を所有し、昔ながらの一部屋だけの学校を改築して、そこで執筆を続けている。
バグラム・イバトゥーリン(バグラム イバトゥーリン)
ロシアのオムスク生まれ。デザイナー、イラストレーターであり、絵本作家。Philp Booth 文によるはじめての絵本作品Crossingで高い評価を得る。翻訳されている絵本作品として『おとうさんの庭』(岩波書店)、『ゆきのまちかどに』(ポプラ社)、『カラス笛を吹いた日』『マッチ箱日記』(以上、Bl出版)などがある。ニューヨーク在住。
島 式子(シマ ノリコ)
甲南女子大学名誉教授。 翻訳書に『マイゴーストアンクル』(原生林)『ダイシーズソング』(共訳/楡出版)、『白雪姫』(BL出版)、共訳で『カラス笛を吹いた日』『マッチ箱日記』『シェイクスピア ストーリーズ』(以上、BL出版)がある。
島 玲子(シマ リョウコ)
大学講師。英語を教えている。1998年〜2002年イギリスに滞在。翻訳書に共訳で『カラス笛を吹いた日』『マッチ箱日記』『シェイクスピア ストーリーズ』(以上、BL出版)がある。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

BL出版の既刊から
クリス・ホートン/著・イラスト 木坂涼/翻訳
ひこ・田中/著 山西ゲンイチ/イラスト
ジョン・バーニンガム/著・イラスト 谷川俊太郎/翻訳
きねかわいつか/著 近藤薫美子/イラスト
ミシェル・ハウツ/著 バグラム・イバトゥーリン/イラスト 島式子/翻訳 島玲子/翻訳
本日のピックアップ
コロナ社:志堂寺和則 
現代人文社:山本晴太 川上詩朗 殷勇基 張界満 金昌浩 青木有加 
マイナビ出版:ポケットマニュアル編集部 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。