近刊検索 デルタ

2018年3月22日発売

彩流社

ヴィクトリア朝小説における 女性使用人の表象

階下から読む8つの物語
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
英文学における「使用人文学」の系譜

その系譜の始まりを特定するのは困難だが、
18世紀以降での「使用人文学」の代表作・
サミュエル・リチャードソン『パメラ 報いられた美徳』から、
現代文学にもカズオ・イシグロ『日の名残り』や
マーガレット・フォスター『侍女』に
その片鱗をみることができる。

本書はチャールズ・ディケンズ、ブロンテ姉妹、
ダイナ・マロック・クレイク、トマス・ハーディの作品を
取り上げ、英文学のなかで物語られるイギリス社会に
存続する階級制度の歴史や、女性使用人の表象について
吟味する。
著者略歴
西村 美保(ニシムラ ミホ)
Miho Nishimura. にしむら・みほ 福岡教育大学准教授。 大阪大学大学院文学研究科博士前期課程英文学専攻修了。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。