近刊検索 デルタ

2018年9月26日発売

彩流社

〈増補新版〉ひざ再生術で痛みを取って長生きする

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
最新の手術の傾向はどうなっているのか、
話題のPRP(多血小板血漿)で、
本当に軟骨は再生するのか?あなたの不安に答えます。


年齢とともに足の骨が変形してO脚になり、
ひざの軟骨や半月板がすり減って痛みが生じる
<変形性膝関節症>。
人工ひざを埋め込む手術ではなく、
O脚を矯正して自分のひざを温存して再生する
手術(高位脛骨骨切り術)なら、
仕事やスポーツ、趣味など活動も楽しく再開できます。
その第一人者の医師である著者が、
メリット・デメリットや制限なども伝えながら、
自分で判断できる力をつけ、
「これからどう生きたいか」で手術を選べるよう、
すべてを教えます!

★メディアでも紹介多数★

★テレビ★

・「命を救う!スゴ腕ドクター
~膝の痛み・大動脈瘤・脳腫瘍」
(BS朝日、2017.12.4)

・「予約殺到!スゴ腕の専門外来SP!!~ひざ痛」
(TBS、2017.11.28)

・「ためしてガッテン~ひざ痛解消!確信ワザ3連発」
(NHK、2014.6.18)

・「ワールドビジネスサテライト
~特集〈治る!最前線変形膝関節症〉」
(テレビ東京、2015.3.6)      ほか 
  
★雑誌★

「知って得する!新名医の最新治療~ひざの痛み」
『週刊朝日』(2016.4.1)

★新聞★

「毎日新聞」(2014.3.27)、

「日経新聞」(2015.3.4)、

「神奈川新聞」(2012.12.2)ほか
目次
巻頭カラー!
<膝を守る簡単ストレッチ&体操>
 (本を見ながら家で実践してみてください!)

第1章 膝痛の原因と治療法

第2章 「膝関節温存手術」と「膝関節再建手術」

第3章 最先端医療を取り入れた膝の再生

第4章 患者さんの体験談

付章 膝の手術のよくある質問と回答

*増補 最新の手術の傾向とPRP
著者略歴
竹内 良平(タケウチ リョウヘイ)
たけうち・りょうへい 変形性膝関節症の膝を治して痛みを取る 「高位脛骨骨切り術」の第一人者。 横須賀市立市民病院関節外科センター長。 山形大学医学部卒業後、横浜市立大学整形外科准教授を経て 現職。神奈川歯科大学特任教授、横浜国立大学非常勤講師。 東京都出身。 整形外科領域疾患の研究・インプラント開発などの分野で 世界最大の組織「AO財団」(本部・スイス)で 膝グループ唯一の日本人メンバーとして世界で活躍。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

週刊コミタン! 2018/10/21号


連載記事

発売してから、どうですか(仮)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。