近刊検索 デルタ

10月9日発売予定

彩流社

アーユルヴェーダの驚きの果実 アムラの真実

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
日本でも注目されて久しいインドの伝統的医学アーユルヴェーダ。

インドでは代表的果実として知られるアムラは、
脳の活性化、若返り、神経の滋養、せきを鎮める、皮膚病、食欲不振、
虚弱体質や頭痛の改善などの目的で使用されている。
化学薬品ではなく自然の力を取り入れるアーユルヴェーダの
基本知識からアムラの栽培と使用法までを、日本で正しく伝えるための本。
目次
もくじ(抜粋)

アーユルヴェーダとは
アムラの植物学的分類
アムラ栽培の実践
(環境/土壌/農地の準備/品種/栽培方法(種子~苗作り)/
植え付け/手入れと剪定(発芽の保護)etc…)
価値を高めるために
アムラの使用法(乾燥方法/外用での使用 内服での使用)
様々な処方……
著者略歴
●ナラヤン・ダス・プラジャパティ(ナラヤンダスプラジャパティ narayandasupurajapati)
インド政府 家族健康福祉省国立薬用植物局 局員。
●タルン・プラジャパティ(タルンプラジャパティ tarunpurajapati)
在インドの薬用植物学者。
●イナムラ・ヒロエ・シャルマ(イナムラヒロエシャルマ inamurahiroesharuma)
グジャラート・アーユルヴェーダ大学大学院卒業。 アーユルヴェーダ医師(ゴールドメダリスト)、大阪アーユルヴェーダ研究所所長、日本アーユルヴェーダ学会副理事長、日本アーユルヴェーダ学会チャラカ・サンヒター翻訳委員。 NPO日本アーユルヴェーダ協会副理事長。 著書に 『美しく豊かに生きる―アーユルヴェーダとともに歩んだ三〇年』 (イナムラ・ヒロエ・シャルマ 著、出帆新社、2003年)、 『アーユルヴェーダ健美食』 (イナムラ・ヒロエ・シャルマ 著(理論)、香取薫 著 (スパイス・レシピ)、彦田治正 著(ハーブについて)、径書房、2018年) などがある。
●森田 要(モリタ カナメ morita kaname)
もりた・かなめ 美容師。kamidoko(カミドコ)代表、 化粧品販売会社・株式会社ラクシュミー代表取締役。 著書に 『トリートメントヘアカラー ヘナ 若々しく美しい髪を保つために』 (塩田要(名) 著、ゆうエージェンシー、2000年 (旧版、ゆうエージェンシー、1998年))、 『美髪再生  髪にやさしいヘンナをはじめましょう』 (塩田鹿納命(名) 著、メタモル出版、2008年)、 『新版 なっとく!のヘアカラー&ヘナ&美容室選び』 (森田要、山中登志子 著、彩流社、2015年(旧版、彩流社、2013年))、 『最高のヘナを求めて  髪を美しくする奇跡の植物』 (森田要 著、茅花舎、2017年)などがある。
●森山 繁(モリヤマシゲル moriyamashigeru)
もりやま・しげる 東京都出身。東洋大学文学部インド哲学科卒業。インド国立バナーラス・ヒンドゥー大学大学院宗教哲学科中退。現在、NPO南アジア文化協会理事長、インド大使館ヴィヴェーカーナンダカルチュアルセンター音楽講師。
タイトルヨミ
カナ:アーユルヴェーダノオドロキノカジツアムラノシンジツ
ローマ字:aayuruveedanoodorokinokajitsuamuranoshinjitsu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

彩流社の既刊から
二階堂卓也/著
鈴木れいこ/著
本日のピックアップ
日本評論社:升永英俊 
技術評論社:イーディーエル株式会社 平塚知真子、井上勝 青山司、島袋海 真鍋博美 
ユニプラン:ユニプラン編集部 公益財団法人東京観光財団他 
学文社:角南なおみ 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。