近刊検索 デルタ

2020年9月18日発売

彩流社

ととのえる「いけばな」

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
いけばなに触れることは大地に抱かれること。
そして「自分」を整えること。

「いけばな」というと、花の飾り方について実用的なことを
書き連ねなければ、なんて思いがまずありました。事実、僕が
こうして、この書籍を書かせていただいているのも花道家としての
接点から生まれたものです。
ところが書き進めていくうちに、そうした技術的なものは
「副産物」に過ぎず、
自分がいけばなを通じて得たものは、
別のところにあるのではないかと思うようになりました。

ふと立ち止まったときに、前に進む推進力を与えてくれる本。

そういえば小さい頃は図鑑が近くにあったな。
心象を綴ったものやワイン関連の書籍に囲まれていたこともある。
今なら植物関連の本が部屋ごとに目につく場所に置いてある。
いずれも自分の知識欲、好奇心をくすぐり
背中を後押ししてくれるものたちです。

自分の半生を綴ることが誰のためになるのかは、書き終えた今も
わかりません。ただ、その半生をもとに続けてきたいけばなには、
先人の蓄積が多分に織り込まれています。
いけばなという行為そのものは、植物の一生に照らしてみると、
わずか1パーセントにも満たない、人の手で摘まれ断たれたあとの
余生みたいなものでして。
さらに植物の進化、適応の歴史まで鑑みればもう、
ないに等しい存在です。

その余生、わずか1パーセントを100と捉えて、
人のありようを投影してかたち作られ受け継がれてきたものがいけばなです。
いけばなには、人の暮らしと、その何万倍もの命の系譜が
息づいているように思えます。
著者略歴
渡来 徹(ワタライトオル wataraitooru)
わたらい・とおる 花道家・いけばな教授者 / Tumbler & FLOWERS 主宰。 2012年春、いけばなの面白みを今一度多くの人に知って もらうべく、渋谷区神宮前にて、いけばな教室兼オーダー花店 『Tumbler & FLOWERS』を始める。 編集・ライターとしてのキャリアを活かし、現代に似合う いけばなを提案。 18年に神宮前の店舗をクローズし、翌19年に鎌倉市二階堂 に活動拠点を移す。 レギュラーのお稽古のほか、SNSを使ったレッスンやセミナー などを開催、 店頭や会場での装花、いけばなを入り口とした企業セミナーなども 行っている。 植物の線と重力を意識したミニマルなスタイルは海外でも評判を 呼び活動の幅を広げている。 www.tumblerandflowers.com Instagram:@watara_ikebana
タイトルヨミ
カナ:トトノエルイケバナ
ローマ字:totonoeruikebana

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

彩流社の既刊から
二階堂卓也/著
鈴木れいこ/著
本日のピックアップ
日本評論社:升永英俊 
学文社:角南なおみ 
技術評論社:金谷敏尊 甲元宏明 三浦竜樹 中村孝 内山悟志 舘野真人 マーク・アインシュタイン 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。