近刊検索 デルタ

2020年6月5日発売

彩流社

死別の悲しみを乗り越えるために

体験から学びとること
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
遺された者たちが立ち直り、新たな道を歩むために!

日本グリーフ・ケア・センター代表で、妻をなくしてから30年余り、
喪失という悩みをかかえる人たちを「支える会」で運営してきた著者
による、
ボランティア活動で得たさまざまな体験
──感じたこと、気づいたこと──を当事者の視線から綴った書物。
目次
Ⅰ 死別といかに付き合うか

・喪失に伴うさまざまな感情
・生きた精神の証
・まっさらな空間
・立ち直るために
・過ぎ去りし日の至福に感謝して
・いつになったら立ち直れるのでしょうか
・出会いの痕跡たち
・とっさの一言
・「叡智」と「平静さ」と「勇気」と
・役割喪失後の人生をどう生きるか
・老後を老後にしないために
・フロイディアン・スリップ?
・地底の悲しみ
・死者との絆、死者への誠実
・「生きる意味」を見つけるということ
・耐え切れない罪の意識も自責の念も
・「幸せ」の在りかはどこに?
・「あなた、今に首の骨を折るわよ」
・私は誰?
・幸せの姿
・悲しみにかまける時間も
・晩節にあたっての想い
・私にとって、伴侶の死は
・妻の写真

Ⅱ 悲嘆(グリーフ)に関する Q&A

立ち直りの時間はどれくらいかかるでしょうか?

死別の悲しみは、夫婦の関係のあり方によっても違ってくる?

悲しみの感情は、回避してはいけないのでしょうか?

立ち直るには意志力が必要なのでしょうか?

感情を素直に表現出来ると、立ち直りも早いと言われていますが?

辛い悲しみからは抜け出したい感情と留まりたい感情の両方が?

「自分の方がずっと辛いのに」という比較は意味がない?

深い悲しみがあって初めて、立ち直る意思も生まれる?

『突然のご不幸にさぞ悲しまれていることでしょう』との手紙に……?

死別後間もない間は、引越しや家の売り買いなどしない方がよい?

心から理解し合えていた仲間が、疎遠になりだしましたが……?

自由な日常があるのは夫のおかげです。でも罪深さを感じるのは?

自死に追い込んだ相手に怒りと憎しみをこらえられない……。

夫の亡くなったことを誰にも告げたくありませんが、
おかしいでしょうか?

夫の遺品が目に入ると、苦しくてたまりません。
どうすればよいでしょうか?

立ち直った以降も、悲しみは消え去ることはないと聞きますが……?

死別の辛さから電話を繰り返して友人たちを失うのは?

悲しみを一時的に和らげ、忘れさせてくれる方法はないものでしょうか?

悲しみが消えることはありませんが、
新しい愛があればと考えることは非常識?

死別を体験して命の大切さも愛することの大切さも知りました。
生かす道は?

七〇歳代半ばになりますが、なお人生に夢や憧れや輝きを求めています。

娘から「老後は施設に入ってね」と言われました……。
著者略歴
長田 光展(オサダミツノブ osadamitsunobu)
おさだ みつのぶ 中央大学名誉教授。 1936年、沼津市生まれ。 1970年より中央大学文学部講師、助教授、教授。 2007年、定年退職。 平成3年より東京杉並で「伴侶の死の悲嘆にある人々を支える会」 (通称「支える会」の活動を開始。 現在「日本グリーフ・ケア・センター」代表。 著訳書等に 『悲しみが癒えるとき 伴侶との死別から立ち直るために』 (長田光展 著、新水社、2011年)、 『アメリカ演劇と「再生」』 (長田光展 著、中央大学出版部、2004年)、 『内と外の再生 ウィリアムズ、シェパード、ウィルソン、マメット   60年代からのアメリカ演劇』(長田光展 著、鼎書房、2003年)、 『癒しとしての痛み 愛着、喪失、悲嘆の作業』 (ニニ・レイク、マリアンネ・ダヴィットセン=ニールセン 著、  平山正実、長田光展 監訳、高橋克依、新井典子、五十嵐美奈 訳、  岩崎学術出版社、1998年)、 『こころの旅路 死別の悲しみをこえて』 (エリザベス・コリック 著、山本洋子、伏谷幸子 訳、長田光展 監訳、  新水社、1997年)、 『見えざる異性 アニマ・アニムスの不思議な力』 (ジョン・A.サンフォード 著、長田光展 訳、創元社、1995年)、 『フェミニスト・セラピー 女性を知るために』 (ルイーズ・アイケンバウム, スージー・オーバック 著、長田妙子、  長田光展 訳、新水社、1988年(2002年『女性心理療法を学ぶ』))等。
タイトルヨミ
カナ:シベツノカナシミヲノリコエルタメニ
ローマ字:shibetsunokanashimionorikoerutameni

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

彩流社の既刊から
二階堂卓也/著
鈴木れいこ/著
本日のピックアップ
日本評論社:升永英俊 
技術評論社:イーディーエル株式会社 平塚知真子、井上勝 青山司、島袋海 真鍋博美 
ユニプラン:ユニプラン編集部 公益財団法人東京観光財団他 
学文社:角南なおみ 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。